秋元康が劇団の立ち上げを発表

SPICER
秋元康

秋元康


秋元康エイベックスと組み、新たに劇団プロジェクトを立ち上げることが発表された。演劇や歌、ダンスを中心とする劇団をプロデュースし、2017年2月には都内劇場にて秋元康氏によるオリジナル脚本・演出で旗上げ公演を実施する予定だ。

秋元康によれば、「旧来から親交があった松浦勝人(エイベックス・グループ・ホールディングス代表取締役社長CEO)から、新しいプロジェクトの依頼があり、2人で話し合った結果、劇団をつくろうという話になりました。性別を問わず15歳以上の役者志望の方々を全国から募集し、『やってみなきゃわからない』という挑戦的な気持ちをコンセプトに劇団を発足致します」とのこと。

劇団員については、9月28日(水)よりオープンした特設サイト で募集する(募集期限は10月31日迄)。募集対象は15歳以上の男女。「自薦」のみならず「他薦」という枠もある。オーディションを経て、12月には劇団員の発表があり、2月には都内劇場にて公演を実施予定だ。

広報資料によると、劇団の規模感は20名前後を想定、男女比率は現時点で未定とのこと。「オーディションの結果として個性溢れる方々の俳優集団になってくれたら望ましいです。 それはただの俳優だけでなく多岐に渡る活動、例えばグループとしての音楽活動などの 可能性があるため″です。あくまで可能性ですが」という。

秋元が過去にプロデュースしたグループとしては、おニャン子クラブ、少女隊、息っ子クラブ、幕末塾、ねずみっ子クラブ、チェキッ娘、 推定少女、AKB48、SKE48、SDN48、NMB48、HKT48、JKT48、NGT48、乃木坂46、欅坂46がある。音楽系がメインだった秋元にとって、劇団をプロデュースするのは初となる。

また、秋元康と組む効果についてエイベックスは「音楽を中心とし、映像、LIVEイベント、舞台と様々なエンタテインメントを生み出し、世の中にエンタメのムーブメントを生み出している松浦勝人のエイベックスと、 エンタテインメントを創造する天才・秋元康とが組むことにより、 過去今までに見たことのないエンタテインメントの形が誕生するかと思います」と期待を表明している。

詳細は、下記公式サイトにて
http://avex-audition.jp/gekidan

松浦勝人(エイベックス・グループ・ホールディングス代表取締役社長CEO)

松浦勝人(エイベックス・グループ・ホールディングス代表取締役社長CEO)

シェア / 保存先を選択