ミラ・ジョヴォヴィッチが「一匹残らず殺す」 映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』予告

SPICER

画像を全て表示(2件)

12月23日(金・祝)に日本で世界最速公開される映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』の予告編が公開された。

バイオハザード:ザ・ファイナル』は日本発の人気ゲーム『バイオハザード』から生まれた実写アクション映画の第六弾。ミラ・ジョヴォヴィッチ演じるヒロイン・アリスが、世界をアンデッド化したアンブレラ社と戦い続ける姿を描きつづけてきた。2002年に第一作が初めてスクリーンに登場して以来、さまざまなキャラクターが登場し、1作ごとにスケールアップしてきた同シリーズの第六作目には『ザ・ファイナル』のタイトルを冠している。

 

 

新たに公開された予告では、ジョヴォヴィッチ演じるアリスが荒廃した風景の中で倒れているシーンからスタート。その後は、一面を埋め尽くすアンデッド軍団や、水中から襲いくるクリーチャーなど次々と熾烈な戦いを予感させる映像が登場する。また、「世界の終りは近い」「全てが動き始めた」「48時間で人類は滅びる」などと、人類滅亡の危機を示唆する不穏な言葉も飛び出している。そんな中、アリスが吐き捨てたセリフは「一匹残らず殺す」。その言葉どおり、今作でもジョボビッチの大活躍することは間違いなさそうだ。 

そのほか、日本でもおなじみローラ演じる女戦士コバルトの姿や、シリーズの人気キャラ・ウェスカ―も登場。ファンが大好物であろう、シリーズ一作目を彷彿とさせる“レーザーを交わす華麗なアクション”にも注目だ。同作のメガホンは、ジョヴォヴィッチと公私ともにパートナーであるポール・W・S・アンダーソン監督がとる。果たして、10年以上も続いてきた人気シリーズはどのような最終章を迎えるのか。

映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』 は12月23日(金・祝)世界最速公開。

作品情報
映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』 
 


原題:Resident Evil: The Final Chapter 
全米公開:2017年1月27日 
監督:ポール・W・S・アンダーソン 
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、アリ・ラーター、ショーン・ロバーツ、ルビー・ローズ、ローラ、ウィリアム・レヴィ、イアン・グレン 
公式サイト:http://www.biohazard6.jp/ 

 

シェア / 保存先を選択