菅田将暉らが「キセキ」を歌う『キセキ ーあの日のソビトー』予告編が解禁 主題歌はGReeeeNの未公開音源「ソビト」に

ニュース
動画
2016.11.1
 (C)2017「キセキ ーあの日のソビトー」製作委員会

(C)2017「キセキ ーあの日のソビトー」製作委員会

画像を全て表示(2件)

2017年1月28日公開の映画『キセキ ーあの⽇のソビトー』から予告編が公開された。

『キセキ ーあの日のソビトー』は、GReeeeNの楽曲すべてのプロデュースを手がけるJIN(ジン)と、同グループリーダーのHIDE(ヒデ)2人の青春を描く、実話をもとにした作品。二人が家族、仲間との衝突を経て、自らの進むべき道を切り開いていく姿を描き出すという。松坂桃李がジンを演じ、菅田将暉がJINの実弟ヒデ役でW主演を果たす。また、GReeeeNメンバーを横浜流星成田凌杉野遥亮ら若手俳優が演じる。

解禁された映像は、ヒデ(菅田将暉)の恋人・理香(忽那汐里)が1枚のCDを手にしている映像からスタート。そのCDには、GReeeeNとしてデビューしたヒデ、ナビ(横浜流星)、クニ(成田凌)、ソウ(杉野遥亮)が歌う「キセキ」が収められている。名曲誕生のストーリーを感じさせるはじまりだ。

 

 

また、医者の父親(小林薫)が「音楽なんてくだらないことをいつまでやるのかと聞いてんだ!」と声を荒げるシーンや、ジン(松坂桃李)が音楽性の違いからメンバーに「今日でやめるわ」と言い放たる場面など、ドラマチックな映像も登場。その後、ヒデが歯医者になるべく進んだ大学で、ナビ、クニ、ソウとともに音楽に惹かれていき、ジンに曲のアレンジしたところから物語が加速。夢に挫折したジンが弟の才能に気づき、顔出しなしの異色ボーカル・グループ“GReeeeN” としてメジャーデビューするまでが描かれている。また、予告では、ヒデたちが歯医者と音楽を両立させる難しさに直面するシーンや、何かが吹っ切れたかのように無我夢中で走るヒデの姿も。GReeeeN結成以降のさまざまな葛藤やドラマも本編では描かれているようだ。

映像の後半には、主題歌として発表されたGReeeeNの未公開音源「ソビト」が流れている。「ソビト」は、GReeeeN が映画の話があってすぐに主題歌に、と決めていたものだという。GReeeeNは「10年以上も前に作った大切な曲、 ずっと世の中に出すタイミングを見計らってましたが、今がまさにその時だと思いました。 あの頃の想いを今の感覚で生まれ変わらせアレンジやレコーディングをさせて頂きました」とコメントしている。

映画『キセキ ーあの日のソビトー』は2017年1月28日(土) 全国公開。
 

作品情報
映画 『キセキ ーあの日のソビトー』
 
(C)2017「キセキ ーあの日のソビトー」製作委員会

(C)2017「キセキ ーあの日のソビトー」製作委員会

  
出演:松坂桃李、菅田将暉、忽那汐里、平祐奈、横浜流星、成田凌、杉野遥亮、早織、奥野瑛太、野間口徹 / 麻生祐未、小林薫 
監督:兼重淳
脚本:斉藤ひろし「秘密」」「黄泉がえり」
音楽:GReeeeN
プロデューサー:小池賢太郎
音楽プロデューサー:JIN
製作: 「キセキ -あの日のソビト-」製作委員会
製作プロダクション:ジョーカーフィルムズ
配給:東映  
公式サイト: http://kiseki-movie.com/
(C)2017「キセキ ーあの日のソビトー」製作委員会
シェア / 保存先を選択