白狐ステージをライブハウスに Northern19のメロディック・パンクが炸裂

SPICER
Northern19

Northern19

画像を全て表示(4件)

八王子天狗祭 【白狐ステージ】 Northern19

続いて白狐ステージに登場したNorthern19は、「TRUTH」でライブスタート。井村知治(B/Vo)が力強くメロディーを歌い上げ、笠原健太郎(Vo/G)は「いこうぜ!」とフロアにオイコールを求めると、続けて放たれたのは「MESSAGE」。馬場豊心(Dr)が猛然と叩き上げる2ビートにテンションをかちあげたれたキッズ達が、続々とフロア前方へ向かっていき、激しくモッシュしはじめる。

Northern19

Northern19

そこへ「八王子もっといけんだろ!」という檄がステージから飛び、「MORATORIUM」へ。矢継ぎ早に繰り出される情熱的なメロディック・パンクに、場内は瞬く間にライブハウスへと様変わりしていった。

MCでは、グッドモーニングアメリカとは同世代ということで、「彼らは優れたミュージシャンであり、優れた人間であり、グッドモーニングアメリカになる前から影響を与えてくれていた素晴らしい存在」と、笠原がグドモメンバーを紹介。笠原「こんな素晴らしい舞台に俺達を呼んでくれて、こんなに嬉しい日はありません。俺達、ここでおもいっきり爆発させていくから、お前らもおもいっきり楽しんでいってください! グッドモーニングアメリカに見せてやるよ!」

Northern19

Northern19

そこから「真夏のように熱くしようぜ!」と「SUMMER」へ突入。再び激走し始め、フロアをまさに真夏の灼熱状態にさせると、続く「YES, I CAN FLY」では、オーディエンス達が何度も力強く飛び跳ねる。また「金廣(真悟/グッドモーニングアメリカ)が好きな曲やります! 今夜は見たことねえくらいキレイな星をたくさん輝かせるから、八王子、一緒に歌ってくれ!」となだれ込んだ「THE NIGHT WITHOUT A STAR」では、大音量のシンガロングが発生。さらには「俺達含めて、グドモもまだまだこれからだと思います。

これからもっとすごいところに突入していくと思う。今日出ている全員が、これからも、もっともっとロックしていくところをよく見てください!」と力強く宣言し、かき鳴らされた「NEVER ENDING STORY」には、一際大きな拍手が送られていた。

ラストナンバーは、フロアから「待ってました!」と言わんばかりに大合唱が巻き起こった名アンセム「STAY YOUTH FOREVER」。身も心も激しく突き動かされる言葉と音達で、ひたすらフロアを沸かせ続けるステージとなった。
 

取材・文=山口哲生 撮影=Ayumi.Takamatsu

Northern19

Northern19

 
セットリスト
八王子天狗祭 【白狐ステージ】 Northern19
1. TRUTH
2. MESSAGE
3. MORATORIUM
4. SUMMER
5. YES, I CAN FLY
6. THE NIGHT WITHOUT A STAR
7. NEVER ENDING STORY
8. STAY YOUTH FOREVER

 

シェア / 保存先を選択