攻め曲ありバラードあり 天狗ステージを熱狂させたTHE BACK HORNの本気

レポート
2016.11.5
THE BACK HORN

THE BACK HORN

画像を全て表示(3件)

八王子天狗祭 【天狗ステージ】 THE BACK HORN

THE BACK HORNのライブは「刃」でスタート。最近のライブでは後半に持ってくることが多いこの曲でスタートしたあたりに、今日のこのフェスに挑む彼らの本気がうかがえる。曲が始まると同時に、フロア前方が掲げられた拳で埋まり、続く「魂のアリバイ」でさらにその拳が増えていく。バンドが熱いとリアクションも熱い。「戦う君よ」のシメでは、菅波栄純(G)がおなじみの「やばい人にしか見えない暴れっぷり」を見せる。フロアの勢いにあおられたからか、その前の段階でそうだったのか、いずれにしてもすでにスイッチが入っている証拠。

THE BACK HORN

THE BACK HORN

ドラム松田晋二のお礼&あいさつをはさんで、リズムが重くメロディが軽やかなミドル・チューン「晩秋」をじっくりと聴かせる。次に、山田将司(Vo)の「THE BACK HORNの今いちばん新しい曲を聴いてください」という言葉で始まったのは、ポジティブでストレートなラブソングでバラード、つまり他のバンドならともかくTHE BACK HORNにおいては大変に異質でファンを驚かせたニューシングル「With You」だった。美しいメロディにのった真摯なリリックが、エスフォルタアリーナに広がっていく。短い尺でのフェスでのステージでこういうタイプの2曲を続けるというのは、なかなかにチャレンジングな行為だと思うが、 2曲ともオーディエンスの耳をがっちりつかんでいることが、この場にいるとわかる。

THE BACK HORN

THE BACK HORN

将司が「まだまだ盛り上がっていこうぜ天狗祭!」とアオリを入れ、ドラムに合わせて栄純が虚空に向けてめったやたらに拳をふりまくり、リズム・ブレイクと同時にギター・リフが響きわたると大きな歓声が沸き起こる。「コバルトブルー」だ。誕生以来、いついかなる時でも聴く者を熱狂させてきたこの曲でオーディエンスをブンブン揺さぶってからのシメは「シンフォニア」。このバンドのライブ、そこそこ観ているつもりだが、いつもにましてヤバい「シンフォニア」だった。ステージの上であっち側に行っちゃうんじゃないか?とヒヤッとすることが、このバンドのライブを観ているとあるのだが、まさにその最大級。

全7曲・35分で、この場に音をたたきつけるようなステージが終了。特に最後の2曲、4人から立ち上る蒼い炎が見える気すらした。フェスはここで折り返し地点。
 

取材・文=兵庫慎司 撮影=佐藤広理(@hilf_ntlo)

セットリスト
八王子天狗祭 【天狗ステージ】 THE BACK HORN
1. 刃
2. 魂のアリバイ
3. 戦う君よ
4. 晩秋
5. With You
6. コバルトブルー
7. シンフォニア

 

シェア / 保存先を選択