ブラピが離婚ショックで感染症病院に通うも、とんだ大目玉!?

ニュース
2016.11.6


今年9月にアンジェリーナ・ジョリーから突然離婚を突きつけられたブラッド・ピットは、いまだにショックから立ち直れず、精神衰弱状態だと言われているが、そんななか、感染症専門病院に駆け込んでいたことがわかった。

「ブラッドは、朝7時30分ごろにビバリーヒルズで有名な、感染症専門病院にやってきました。誰にもわからないよう、まだ診療開始時間の前でありながら、特例で専門医にアポをとったようです。病名はわかりませんが、心身ともに衰弱しているので、いまは感染症にかかっても不思議ではありません」

「とても早い時間に車でやってきたブラッドは、ビルの外に車を停めて、誰か従業員が来るのを待っていました。車で乗りつけた従業員の女性がセキュリティカードで施設内に入ろうとした瞬間、彼女の後ろを大急ぎで追ったのですが、ブラッドと知らずに不審人物だと思った女性は、直ちにセキュリティへ連絡してしまったようです」

「おかげでブラッドは、セキュリティガードから大目玉を食らってしまったそうで、後で連絡が行き届いていなかった病院からも謝罪があったみたいです」と関係者がナショナル・エンクワイラー紙に語っており、心身ともに弱っている状態で、ダブルパンチを食らってしまった。

ブラッドはどうにか離婚を回避したいようだが、アンジェリーナの決意は固く、すでにニューオリンズの邸宅が売却されたほか、結婚式をあげた思い出深い南仏の邸宅も売りに出されており、離婚へ向けた準備は着々と進んでいるようだ。【NY在住/JUNKO】
 

MovieWalker
シェア / 保存先を選択