女王蜂とドレスコーズが“交わった”大阪公演、女装した志磨はダイブ

アヴちゃん(Vo / 女王蜂)と志磨遼平(Vo / ドレスコーズ)。(撮影:森好弘)

アヴちゃん(Vo / 女王蜂)と志磨遼平(Vo / ドレスコーズ)。(撮影:森好弘)

女王蜂が11月7日に大阪・umeda AKASOにて対バンツアー「蜜蜂ナイト2」の大阪公演を開催した。

この公演は「蜜蜂ナイト2 ~売旬~」と銘打たれ、対バン相手にドレスコーズを迎えて行われた。開演後、ステージに現れたのは黒いスーツ姿の女王蜂メンバー。彼女たちが丁寧にお辞儀をして演奏を始めると、ステージ左側から茶髪のウィッグにミニ丈のワンピースで女装した志磨遼平(Vo)が登場し、毛皮のマリーズ「人生」を歌唱してライブの口火を切った。

志磨はこの日のドレスコーズのメンバー編成が女王蜂を迎えた“ドレスコーズ:Q”(ドレスコーズクイーン)であることを明かし、「今回はご覧の通りのスペシャルセットで、最後までゆっくり楽しんでいってください」と挨拶。その後「みずいろ」では黒のミニ丈ワンピースにシースルーのベールを被ったアヴちゃん(Vo)が姿を見せ、志磨と共に絡み合うようなパフォーマンスを見せた。

志磨は映画「溺れるナイフ」の主題歌「コミック・ジェネレイション」を披露する際にウィッグを剥ぎ取り、自身の黒髪を振り乱しながら熱唱。そして「いいですね、大阪。じゃあ、ここでもう1発、私と女王蜂から特大のプレゼントをぶちかましてやろう!」と観客に伝え、拡声器を手に歌唱した「人間ビデオ」や、毛皮のマリーズの「ビューティフル」を届け、ラストナンバー「愛に気をつけてね」ではフロアへダイブ。最後は観客に投げキッスを飛ばしてライブを終えた。

女王蜂はダンサブルなナンバー「金星」を1曲目に演奏。その後アヴちゃんは先ほど志磨が歌唱した毛皮のマリーズの代表曲「ビューティフル」の一部を歌唱して場内の感動を誘い、MCでは「僕の彼女、可愛かった? だいぶ毛深かったけど(笑)」と女装した志磨についてコメントした。また「もう一度欲しがって」では黒いスーツで決めた志磨が登場してアヴちゃんとデュエット。ミラーボールの光が会場を包み込んだ「売旬」ではアヴちゃんと志磨ががっちりと抱擁を交わし、フロアからは黄色い歓声が沸き起こった。

ライブ後半のMCでアヴちゃんは、学生時代にやしちゃん(B)と共に学校の授業をサボって毛皮のマリーズのライブを観に行ったというエピソードを明かす。ここではやしちゃんが「私のほうが志磨くんのこと知ってる」と発言したこともあってか、アヴちゃんが「(志磨と)イチャついてやった」「健全なお付き合いなんですけど、ここだけは健全じゃなくてもいいよね?」とアピールする場面もあった。本編を熱狂のうちに締めくくった女王蜂は、アンコールで「バブル」を投下し、志磨を再びステージに迎えて共に歌い踊った。アヴちゃんは「ありがとう! 志磨くんに大きな拍手を! 女王蜂ドレスコーズ:Qでした! また大阪でお会いしましょう!」と挨拶し、志磨と肩を組んでステージをあとにした。

なおこの日の公演で女王蜂は2017年2月に東京と大阪にてワンマンライブ「仮面の宴」を開催することを発表した。「蜜蜂ナイト2」の残る公演は11月30日に愛知・ElectricLadyLandでゲストに大森靖子を迎えて行われる。

女王蜂主催対バンツアー「蜜蜂ナイト2」(※終了分は割愛)

蜜蜂ナイト2 ~OVER THE PARTY~

2016年11月30日(水)愛知県 ElectricLadyLand
<出演者>
女王蜂 / 大森靖子

女王蜂単独公演「仮面の宴」

2017年2月10日(金)東京都 赤坂BLITZ
2017年2月12日(日)大阪府 BIGCAT

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択