土田英生(MONO)×上田誠(ヨーロッパ企画)が劇作をめぐって対決!

ニュース
2016.11.15

豪華キャストのリーディングも! 京都のコメディの達人同士が創作を語る。

京都の劇団「MONO」を主宰する劇作家・演出家の土田英生が、人気劇作家と創作にまつわるトークバトルを繰り広げる『劇作バトル!』。今回は「ヨーロッパ企画」作・演出家の上田誠をゲストに招き、同劇団が2012年に上演した、ヤクザたちがSF的な世界に巻き込まれる異色作『月とスイートスポット』を題材に、新たな戦いの火ぶたを落とす。

前回(こちらのニュース記事参照)は「イキウメ」の前川知大を招き、2015年に彼が発表した『語る室』の狙いや創作秘話について、土田があれこれと聞き出していた。時に戯曲の内容について鋭いツッコミを入れるなど、ライバル心と好奇心がない交ぜになった刺激的なトークは、続編を望む声が続出するほど好評だった。土田にとって上田は、彼の作品を初めて観た時「こんな人が出てきたら、俺はもうダメだ」と思ったというほど脅威を感じた後輩らしいので、前回以上に熱の入ったトークが期待できそうだ。

ヨーロッパ企画『月とスイートスポット』公演チラシ。

ヨーロッパ企画『月とスイートスポット』公演チラシ。

さらに今回は、関西小劇場で活躍する俳優たちを招き、同作の一部をリーディングする時間を設けるとのこと。『月と…』を観ていない人も作品の内容がわかるのはもちろん、贅沢な顔ぶれがそろっているので、このリーディングだけでも一見の価値はあるだろう。土田も上田もコメディに強いこだわりを持つ作家同士なので、演劇に限らず「笑い」の作り方を知りたいという人も、ぜひこの“仁義なき戦い”に立ち会ってほしい。

イベント情報
劇作家協会 関西支部プレゼンツ 関西版月いちリーディング スペシャル企画『劇作バトル!』
 
■日時:11月23日(水・祝) 17:30~
■会場:ドーンセンター パフォーマンススペース
■料金:1,000円
※11月20日(日)までjpwa.kansai@gmail.comにて受付。詳細は公式サイトでご確認を。

■司会:土田英生(MONO)
■ゲスト:上田誠(ヨーロッパ企画)
■出演:石原正一(石原正一ショー)、高阪勝之(男肉 du Soleil/kitt)、坂口修一、佐藤和駿(ドキドキぼーいず)、竹村晋太朗(劇団壱劇屋)、福谷圭祐(匿名劇壇)、三田村啓示(空の驛舎)
■公式サイト:http://www.jpwa.org/main/activity/reading-workshop/kansai
シェア / 保存先を選択