日本を飛び出した75歳の美術家・中島由夫の回顧展、八月ちゃんとコラボも

 中島由夫作品

中島由夫作品

中島由夫の展覧会『Love is All』が、11月18日から東京・大久保の蕃ビル2階とART SPACE BAR BUENAで開催される。

中島由夫はスウェーデン在住の画家・パフォーマー。1940年に埼玉に生まれ、中学校卒業後に東京で活動したのち23歳で渡欧した。前衛芸術運動「COBRA」の創設メンバーであるアスガー・ヨルンをはじめとする多数の美術家らと親交を持ち、1978年には『スウェーデン政府文化アカデミー賞』を受賞している。

同展では10代から現在に至るまでの絵画作品や、国内外での活動を記録した映像資料を展示。国内未発表の作品に加え、同展オリジナルの版画『Love is All』も15枚限定で販売される。

会期中は連日イベントを開催。中島とゲストによるアーティストトークやライブペインティングなどが行なわれるほか、11月26日には東京・新宿LOFTでhachi.こと八月ちゃん(おやすみホログラム)らとコラボレーションするアクションペインティングのイベントが実施される。詳細は『Love is All』のオフィシャルサイトをチェックしよう。

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択