マーティン・スコセッシ監督の描く日本の姿、キリシタン弾圧の描写に注目 映画『沈黙-サイレンス-』アメリカ版予告編が公開

ニュース
動画
2016.11.28
 Photo:Kerry Brown

Photo:Kerry Brown

画像を全て表示(3件)

2017年1月21日公開の映画『沈黙-サイレンス-』から、アメリカ版の予告編が公開された。

『沈黙-サイレンス-』は、『ディパーテッド』でアカデミー賞監督・作品賞に輝いた名匠マーティン・スコセッシ監督の最新作。遠藤周作の「沈黙」を映画化したもので、キリシタンが弾圧されていた江戸時代初期を舞台に、日本にたどり着いた宣教師の視点から神と信仰をテーマに描く。主人公のロドリゴを『アメイジング・スパイダーマン』シリーズのアンドリュー・ガーフィールドが、ロドリゴの師を『96時間』などのリーアム・ニーソンが演じている。また、日本からは窪塚洋介浅野忠信イッセー尾形塚本晋也小松菜奈加瀬亮笈田ヨシら日本人キャストも起用されている。

 

Photo :Kerry Brown

Photo :Kerry Brown

 

公開された『沈黙-サイレンス-』アメリカ版予告は、ガーフィールドが演じる若き宣教師ロドリゴが無人となった村に一人たたずみ、独白するシーンで幕を開ける。その後、雲仙の山中で絶望しうなだれる神父フェレイラ(リーアム・ニーソン)の姿が登場。ポルトガルの教会で「フェレイラが棄教した」と告げられるのは、ロドリゴと若き宣教師ガルペ(アダム・ドライバー)だ。ガルペは「あり得ない 日本での布教に生涯を捧げておられた」と愕然し、ロドリゴは「すぐに彼を見つけ出さないと」と言い放ち、二人はフェレイラの真実を確かめるために日本へと向かう。

 

 

壮大なスケールで描かれる当時の日本の風景にくわえ、藁で作った十字架で隠れてミサを行う村人のようすや、イッセー尾形演じる井上筑後守が執拗に追及する姿も。そのほか、緊迫した音楽に合わせるように、やせ細ったガルペ、囚われたフェレイラ、神に祈りを捧げる村人たち、十字架で海に晒されるモキチ(塚本晋也)、懺悔するキチジロー(窪塚洋介)らが次々と映し出される。果たして、スコセッシ監督は戦後日本文学の代表作をどう描くのか。

 

Photo :Kerry Brown

Photo :Kerry Brown

 

映画『沈黙-サイレンス-』は、2017年1月21日(土)全国ロードショー。

作品情報
映画『沈黙-サイレンス-』

原作:遠藤周作「沈黙」(新潮文庫刊)
原題:Silence
監督:マーティン・スコセッシ
脚本:ジェイ・コックス、マーティン・スコセッシ  撮影:ロドリゴ・プリエト 美術:ダンテ・フェレッティ 編集:セルマ・スクーンメイカー
出演:アンドリュー・ガーフィールド リーアム・ニーソン アダム・ドライバー 窪塚洋介 浅野忠信 イッセー尾形 塚本晋也 小松菜奈 加瀬亮 笈田ヨシ
配給:KADOKAWA   
Photo Credit Kerry Brown
公式サイト:http://chinmoku.jp

 

シェア / 保存先を選択