時代のトレンドから女子ファッションが丸分かり! ファッションが学べる写真集・アートブック3選

ニュース
2016.12.5

画像を全て表示(7件)

本記事では、クリエイティブという切り口で写真集やアートブックなど様々な書籍を紹介します。あなたの生活を豊かにしてくれる “手に取れるアート” を見つけてみませんか?

今月は、『時代のトレンドから女子ファッションが丸分かり!』をテーマに、ファッションに特化した内容でお届け。伝統的な和柄をベースにヨーロッパ発のデザインから刺激を受けて進化していった着物ブランド『銘仙』や、アニエスベーの創作秘話まで、ファッションが好きなあなたをときめかせる書籍を紹介します。

 

大正おしゃれ女子のパワー炸裂!
VIVID銘仙 煌めきの着物たち 「大正ロマン」から「昭和モダン」へ

明治から大正、昭和にかけて当時の女性たちを夢中にさせた着物、『銘仙』。伝統的な和柄をベースにしながらもアール・ヌーヴォーやアール・デコといったヨーロッパ発のデザインに刺激を受けて進化していった、斬新でモダンなテキスタイルの数々を図案原画やポスターとともに紹介します。グラフィックデザイナーやファッションデザイナー、漫画家にもオススメの1冊。

この本が気になったあなたはこちらもチェック!
VIVID 銘仙  ー煌めきのモダンきものー
会期:2016年 10月22日(土)~12月25日(月)
会場:  足利市立美術館
公式サイト:http://www.watv.ne.jp/~ashi-bi/2016meisen.html

 

眺めて、使って楽しめる便箋BOOK 
中原淳一の便箋

当時の女学生にこよなく愛された中原淳一の便箋。雑誌の付録だけでなく、昭和12年頃からは毎月数種類が発売されるほど大人気でした。『乙女のふろく』の著者である村崎修三氏のコレクションから、書籍初収録作品をはじめ四季に合わせて使える便箋64作品を厳選。一枚ずつ切り離して使える便箋BOOKとして再現されています。

中原淳一(なかはら・じゅんいち)

昭和初期、少女雑誌「少女の友」の人気画家として一世を風靡。戦後一年目の1946年、独自の女性誌「それいゆ」を創刊、続いて「ひまわり」「ジュニアそれいゆ」などを発刊。当時の女性達へ暮らしもファッションも心も「美しくあれ」と幸せに生きる道筋を示してカリスマ的な憧れの存在となった。

この本が気になったあなたはこちらもチェック!

 

知られざるアニエス・ベー40年の奇跡 
agnès b. STYLISTE アニエスベー スティリスト

アニエスベー1号店がパリに誕生して40年あまり。ファッションデザイナーとして、ひとりの女性として、情熱的に走り続けるアニエスベーの創作の秘密を紐解きます。貴重な写真やスケッチの数々や、彼女を知る人々の証言、デイヴィット・ボウイ、ディヴィッド・リンチなど各界の著名人とのエピソードも収録。そして彼女自身のメッセージも豊富に掲載されています。アニエスベーのエッセンスがぎっしりつまった、ファン待望の一冊です。

この本が気になったあなたはこちらもチェック!
映画  『わたしの名前は…』
ファッション・デザイナーとして知られるアニエスベーがアニエス・トゥルブレという本名で初監督した珠玉の作品。いくつもの素材で洋服を仕立てるように、様々なカメラで撮影された異なる映像のテクスチャーによりスケッチを重ねていきます。
シェア / 保存先を選択