『サンバイザー兄弟』大阪公演の開幕迫る

ニュース
舞台
2016.12.6

2019年大河ドラマを担う脚本家としても注目を集める宮藤官九郎が作・演出・出演を務める大パルコ人(3)ステキロックオペラ『サンバイザー兄弟』大阪公演の開幕が迫っている。大人計画とパルコが共同プロデュースする人気シリーズ第3弾。アメリカ映画『ブルース・ブラザース』を下敷きに、2033年の池袋で歌のうまいヤクザ、サンバイザー兄弟(瑛太、増子直純)が巻き起こす愛と抗争の日々を描く。劇中には出演者によるバンド演奏も盛り込まれ、全編を上原子友康(怒髪天)の書き下ろし楽曲で綴るギャグ満載のオリジナル・ロックオペラだ。

■あらすじ
年号が平成から「素敵」に替わり、その恩赦で刑務所から釈放されたヤクザの金目鯛次郎(増子直純)。出迎えた舎弟の小鰭光(瑛太)の隣には、すっかり大人になった一人娘ぬめり(清野菜名)の姿もあった。その足で組長に挨拶に向かった鯛次郎だが、組長からは組を息子に継がせ、鯛次郎には若頭を担うよう昇進を告げられる。暴排条例の影響で今や組は崩壊寸前。そうと知った鯛次郎は、光と共に組建て直しのため奔走するのだった……。

■みどころ
「ブルース・ブラザース」への憧憬に留まらず劇中には映画、テレビ、音楽など、様々なカルチャーの名作、名盤、スターへのオマージュがさりげなくも随所に散りばめられている。衣装や小道具、映像を使った演出は質感やデザイン、配色まで「もう絶対にこれしかない!」と思わせるこだわりぶり。見せ場の大型セットに至っては原寸大で思いの丈がドドーン!と再現された。作家やキャストが作品を愛し、それをも上回るサービス精神で観客を楽しませようという思いの丈が120%のパワーで溢れ出す。

その最たるものが出演者によるバンド演奏。役を担ったままドラムの合図で鍵盤を叩き喉を震わせ、弦をはじき管楽器を響かせる。真剣勝負な眼差しにキャストの素顔がチラリと垣間見え、その虚構とリアルのブレンド具合が何ともいえない高揚感を生み出していく。とどめに、本編では不甲斐ないヤクザに徹する本家本元、怒髪天のフロントマン増子直純がひと度マイクを握れば、渾身の涙声と、殿堂入りの名曲にも似た艶歌で日本人の“哀愁DNA”を共鳴させる。まるで居間のこたつで紅白歌合戦を観るような気分。たったワンフレーズで、別次元の歌世界へと誘うカリスマ性は本物。加えて、今言ったすべてを内包しつつ、ひとつの物語へと集約させていく作家の力量にも舌を巻かずにはいられない。

冒頭から未体験の感性を奮い立たせ中盤にはメロウな歌声も披露する瑛太、マジか!な言動で周囲を翻弄する清野菜名、不動の女優オーラが見た目のインパクトを超えて作品に深みを与えるりょう、全方位見せ場尽くしな三宅弘城、鋭利なツッコミも痛快な少路勇介、存在自体が18禁な皆川猿時など。その他、宮藤を含むキャスト全員が意外性と持ち味を発揮している。

「たまたま芝居ができるミュージシャンとたまたま楽器ができる役者が一緒にやることで、“ちゃんとしてないもの”が生まれる。それが3作目にしてやっと」と事前の稽古場インタビューで語っていた宮藤。それも増子を筆頭にこの11人が集えばこその境地だろう。音楽って素晴らしい、演劇って面白い。そう手放しで絶賛したくなる、シリーズ史上最強の到達点がここに!


 
公演情報
大パルコ人(3)ステキロックオペラ『サンバイザー兄弟』

■作・演出:宮藤官九郎
■音楽:上原子友康(怒髪天)
■出演:
瑛太、増子直純(怒髪天)、三宅弘城、
皆川猿時、清野菜名、少路勇介、よーかいくん、
篠原悠伸、上川周作、宮藤官九郎、りょう
■日程:2016年12月8日(木)~2016年12月18日(日)<全13回>
■場所:森ノ宮ピロティホール 〒540-0003 大阪市中央区森ノ宮中央1-17-5
http://www.piloti-hall.jp/gekijyo/access.php
■料金:指定 ¥9,800/ヤング券(U-25チケット) ¥5,500
※未就学児入場不可。
※車イスでご来場予定のお客様は、ご購入席番号を公演前日までに会場へご連絡ください。
示ください。(コピー不可)
※お二人でご来場の場合、お席が離れる可能性がございますので予めご了承くださいませ。
■問い合わせ:キョードーインフォメーション 0570-200-888(10:00~18:00)

シェア / 保存先を選択