ディズニーアニメ約90年の歴史紐解く『ディズニー・アート展』に約450点

ニュース
アート
2016.12.10
 『ミッキーのハワイ旅行』より 1937年 ©Disney Enterprises, Inc.

『ミッキーのハワイ旅行』より 1937年 ©Disney Enterprises, Inc.

『ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法』が、2017年4月8日から東京・お台場の日本科学未来館で開催される。

「いのちが吹き込まれた瞬間」をコンセプトにした同展。ミッキーマウスが初登場した『蒸気船ウィリー』をはじめ、世界初の長編カラーアニメーション『白雪姫』や『ダンボ』といった初期の作品から『アナと雪の女王』『ズートピア』、最新作の『モアナと伝説の海』まで、約90年におよぶ期間に発表されたディズニー・アニメーション作品のオリジナル原画やスケッチ、コンセプトアートなど約450点を紹介する。展示されるほとんどの作品が日本初公開になるという。

なお同展は10月14日から大阪・大阪市立美術館、2018年2月17日から新潟・新潟県立近代美術館、6月9日から宮城・宮城県美術館の3会場を巡回予定。「最速割チケット」は現在販売中。詳細は後日発表される。

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択