人気漫画テラフォーマーズ「第0話」を新宿駅内で公開


8月24日(月)~30日(日)の期間、東京メトロ丸ノ内線新宿駅メトロプロムナード内で「テラフォーマーズ『生原稿展』」を開催。

■ 計15点の生原稿&巨大漫画を展示

火星で人類とゴキブリが戦うSFバトル漫画「テラフォーマーズ」の最新14巻の発売と映画化を記念して行われる。

丸ノ内線新宿駅最大の壁面広告スペースには、縦約2m、横約21mにわたり、テラフォーマーズ「第0話」の生原稿と、原稿を拡大印刷したものが展示され、歩行者が読めるようになっている。

原作の貴家悠(さすがゆう)と作画の橘賢一(たちばなけんいち)による完全描き下ろしの新作で、ゴキブリと人類が戦うことになった理由を、「人類編」(8ページ)と「害虫編」(7ページ)それぞれの視点から描いたもので、ここでしか読めない物語だ。

ほか、作画の橘賢一のインタビューや執筆動画も放映され、こちらはYoutubeでも視聴可能だ。

人類とゴキブリが戦う理由を描いた、期間限定展示の「第0話」を、その目で確かめにいこう。【東京ウォーカー】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択