2016年国内家庭用ゲーム市場規模は2994.8億円『ポケットモンスター サン・ムーン』がトリプルミリオンでソフト首位。~『ファミ通』マーケティング速報~

SPICER

ゲーム総合情報メディア『ファミ通』は、 2016年の国内家庭用ゲーム市場について、 以下のとおり速報をまとめた。 集計期間は2015年12月28日~2016年12月25日。 


■2016年国内家庭用ゲーム市場規模: 2994.8億円 
(集計期間:2015年12月28日~2016年12月25日/週数:52週 ※市場規模はハード・ソフトの合計値です。 )

2016年の国内家庭用ゲーム市場について 

年間ソフトランキングのトップは『ポケットモンスター サン・ムーン』(ポケモン/2016年11月18日発売/3DS)で、 324.6万本を販売している。 『ポケットモンスター』シリーズ20周年でさまざまな展開が行われたほか、 国内では2016年7月22日に配信開始された『ポケモンGO』の大ヒットも強力な追い風となった。 

2位の『妖怪ウォッチ3 スシ/テンプラ』(レベルファイブ/2016年7月16日発売/3DS)は、 年間139.7万本を販売。 6位に『妖怪三国志』(レベルファイブ/2016年4月2日発売/3DS)、 7位に『妖怪ウォッチ3 スキヤキ』(レベルファイブ/2016年12月15日発売/3DS)もランクインし、 TOP10のうち3本が「妖怪ウォッチ」タイトルとなっています。 

ハード市場では、 ニンテンドー3DSが合計で187.4万台を売り上げ、 年間首位となった。 2位のプレイステーション4は、 前年の1.5倍となる179.1万台を販売。 プレイステーション4関連では、 2016年10月に発売されたプレイステーション VRの需要が供給を大幅に上回ったほか、 9月に小型モデルの発売と価格改定が行われ、 11月にはプレイステーション4 Proや待望のタイトル『ファイナルファンタジーXV』(スクウェア・エニックス/2016年11月29日発売/PS4)が登場するなど、 話題豊富な1年となった。 そのほか2016年のトピックスとしては、 ファミコンソフト30タイトルを収録した『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』(任天堂/2016年11月10日発売)が、 年間で56.7万台を売り上げた。 

2016年は、 ゲームアプリにおいて、 前述の「ポケモンGO」に加えて、 任天堂から『スーパーマリオ ラン』(iOS)が2016年12月15日(太平洋標準時)に配信され、 ゲーム市場としても大きな転換点となった。 2017年も任天堂から『どうぶつの森』などのゲームアプリがリリースされる見込みで、 引き続き動向が注目される。 

さらに家庭用ゲーム市場でも、 任天堂の新型ハード『Nintendo Switch』(任天堂/2017年3月発売予定)や、 『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』(スクウェア・エニックス/2017年発売予定/3DS・PS4・Switch)など、 注目のハード・ソフトが登場する予定で、 ゲーム市場のさらなる拡大が期待される。

シェア / 保存先を選択