綾野剛のアイス食べる20歳当時の写真公開!上地雄輔の暴言に「バカヤロウ!」


和久井健の人気コミックを映画化した第二弾『新宿スワンII』(1月21日公開)の完成披露プレミアイベントが1月8日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、綾野剛、浅野忠信、伊勢谷友介、深水元基、金子ノブアキ、上地雄輔、久保田悠来、桐山漣、中野裕太、佐藤祐基、一ノ瀬ワタル、山本又一朗プロデューサー、園子温監督が舞台挨拶に登壇。成人式の前日とあって、それぞれが20歳の頃の写真が公開された。

本作は、歌舞伎町のスカウトマンたちの攻防を描く人間ドラマの第二弾。原作でも人気の高い「横浜王国編」をベースに、横浜進出を狙う新宿バーストと逆に新宿を手に入れようとする横浜ウィザードの全面戦争を描く。

20歳の頃の写真が公開されると、それぞれの初々しい表情に会場からも大歓声が沸き起こった。写真には番号がふられていたが、「誰が何番!?」とキャスト陣も大盛り上がりで、お互いの写真へのツッコミ合戦が始まった。

綾野の写真はなぜかアイスを手にしたもので、綾野自身も「なんで俺、アイスクリーム食べているんだろう」と苦笑しきり。周囲からは、「かわいい」との評価ももらっていた。「ハタチの頃の写真ってほとんどない。この時まだ、何者でもなくて」と明かした綾野だが、まだあどけなさの残る綾野の過去写真を見て、上地は「これ剛?ええ!?」と驚きを隠せない様子。

さらには「なんか違うね。整形したんだ」といじり倒し、会場の笑いを誘った上地。綾野が「バカヤロウ」とツッコみ「やるならもっとちゃんとやるわ!」と続けると、再び爆笑が沸き起こっていた。

また先日、上地はブログで第1子が誕生したことを報告していたが、綾野が「雄ちゃん、おめでとう!本当に幸せいっぱいです」と上地に祝福の言葉を送る一幕も。会場も拍手に包まれ、上地は「ありがとう」とうれしそうな笑顔をのぞかせていた。

激しいアクションが繰り広げられる本作。上地は熱演のあまり、「絶叫し過ぎて声が出なくなった」とのことで、「剛が整体の先生を呼んでくれて。初めて喉に針を打ちました」と告白。針を刺す恐怖から上地は逃げまくっていたそうだが、綾野は「逃げるからとっ捕まえて。最高に楽しかった」とニヤリ顔。二人の仲の良いやり取りに終始、会場からも笑いが起きていた。【取材・文/成田おり枝】
 

MovieWalker
シェア / 保存先を選択