川下大洋+三上市朗+後藤ひろひとの「大田王」全作品を東京で上映

ニュース
動画
舞台
2017.1.12
大田王『2014ジゴワット~Back to 2015~』宣伝画像 [宣伝美術]粟根まこと

大田王『2014ジゴワット~Back to 2015~』宣伝画像 [宣伝美術]粟根まこと


数々の伝説的瞬間を生んだ関西限定の舞台を、3人のトーク付きで楽しむ。

Piper川下大洋後藤ひろひと、元「劇団M.O.P.」看板俳優の三上市朗の3人によるコントユニット「大田王」。彼らが過去に上演したコントオムニバスの舞台を、3人のトーク付きで鑑賞するイベント「大田王Video研究会」が東京で開催される。

当初は川下と三上が、2人の名字を重ねて命名した「田王」の名で活動をスタート。そこに後藤が加わり、彼のあだ名「大王」を上書きして現在のユニット名となった。公演の際は、ゲストも含めた各出演者が脚本やアイディアを持ち寄り、その中から厳選されたネタを後藤が1本の舞台にまとめるというスタイルを取っている。「ご近所で楽しく作るノリを大切にしたい」との理由で、活動は関西限定となっていたため、今回の上映は関西エリア以外の演劇ファンにとっては、彼らの世界に触れる絶好の機会となる。

↑毎公演シリーズで上演されていた超ローテンションなコント『校庭とヤシ蟹』
 

上演する作品は『Bugs in the Black Box』(97年)、『Mission Impatient』(99年)、『2014ジゴワット~Back to 2015~』(14年)の3本。それぞれ『スター・ウォーズ』『ミッション・インポッシブル』『バック・トゥ・ザ・フューチャー』がモチーフになっており、それにまつわる話も盛り込まれているが、まったく関係のないネタも多いので原作を知らなくてもOKだ。また『2014…』には、過去2作で上演したコントのリメイクも一部に含まれている。オチまできれいにまとまった正統派のコントもあれば、内輪受けギリギリの攻めた笑いまで、大の大人たちが本気でふざけてきたその歴史をぜひ目の当たりにしてほしい。ちなみに90年代の小劇場マニアにとっては、久保田浩の「羽曳野の伊藤」VS腹筋善之介のパワーマイムの夢の対決が実現した『2014…』が本気で必見です!! 

公演情報
「大田王Video研究会」
 
■日時:2017年2月25日(土)・26日(日) 13:00~/17:00~
■場所:下北沢・風知空知
■料金:3,500円 ※ドリンク代500円別途必要。超絶ポストカード付。
■チケット予約:2017年2月4日(土)24時(5日午前0時)から、予約専用フォームより受付開始。
■出演:大田王(川下大洋+三上市朗+後藤ひろひと)

 
■上映作品:
『2014ジゴワット~Back to 2015~』(土曜昼/日曜夜)、
  出演:大田王、久保田浩、楠見薫、腹筋善之介、土田英生、石原正一、木下政治(映像)
『Bugs in the Black Box』(土曜夜)、
  出演:大田王、久保田浩、楠見薫、土田英生、大塚ムネト、木下政治
『Mission Impatient』(日曜昼)
  出演:大田王、久保田浩、楠見薫、粟根まこと、石原正一、福田転球、山内圭哉、木下政治
シェア / 保存先を選択