唯一無二のサウンドで突き進むインストゥルメンタル・バンドが、ジャズの未来を担う鬼才ドラマーを迎えて夢のセッション

SPICER

『Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2016』 で大反響を集めたYasei Collective が、マーク・ジュリアナをゲストに迎えての公演が決定した。

同ユニットは2009年に結成され、16年4月に4thアルバム『Lights』をリリース。中毒性のあるビートと突き抜けたポップセンスを武器にジャンルレスな快進撃を続けている。

マークは自身のグループ、ブラッド・メルドーとのデュオ、故デヴィッド・ボウイのサポート等で音楽シーンを揺るがす現代最重要ドラマーのひとり。先のマーク来日時に、彼とYasei Collectiveのドラマーである松下マサナオが意気投合し、そこから共演プランが具体化したという。

最先端のインストゥルメンタル・ミュージックが響き渡る、文字通りのスペシャル・セッションが待ち遠しい。

 
 
 
この記事に興味を持ったらジャズを中心に良質な音楽・カルチャーを紹介するウェブマガジン「Arban(アーバン)をチェックしてみよう! http://arban-mag.com/
公演情報
Yasei Collective  with special guest MARK GUILIANA​

 日時:1月30日(月) [1st]Open 17:30 / Start 18:30 [2nd]Open 20:20 / Start 21:00
 会場:Blue Note Tokyo
 出演者:松下マサナオ(ドラムス)、中西道彦(ベース、シンセサイザー)、斎藤拓郎(ヴォコーダー、ギター、シンセサイザー)、別所和洋(キーボード)、special guest :Mark Guiliana(ds)/マーク・ジュリアナ(ドラムス)

 

 

シェア / 保存先を選択