マンウィズが公式サポーターに就任 日本ラグビーチーム『サンウルブズ』が新体制でスーパーラグビーに挑戦!

ニュース
2017.1.18
スーパーラグビー

スーパーラグビー

画像を全て表示(5件)

日本のラグビーチーム『ヒト・コミュニケーションズ サンウルブズ』が、世界最高峰のラグビーリーグ『スーパーラグビー』2017シーズンに参戦することが決まった。サンウルブズの2017シーズンは、2月25日(土)秩父宮ラグビー場で開幕し、秩父宮ラグビー場での4試合を含むレギュラーシーズン15試合を戦う。

新ヘッドコーチのフィロ・ティアティア

新ヘッドコーチのフィロ・ティアティア

今回のスコッドについてのポイントを新ヘッドコーチであるフィロ・ティアティアは、以前行われた新体制発表会見でこう説明している。

「2016年のサンウルブズの選手を含め、今回はスーパーラグビーの経験者が21名いる。6名だった昨シーズン当初と比べると、この経験値は非常に明るい材料である。さらに今回、海外での経験豊富な選手やトップリーグで活躍している若手選手など、新しい選手が18名加わっていることも楽しみだ。特に、ヴィリー・ブリッツ、リアン・フィルヨーン、エドワード・カーク、昨シーズンサンウルブズでも素晴らしい活躍を見せたリアキ・モリ、ヘイデン・クリップスらは、ゆくゆくは日本代表として手を挙げるのではないだろうか。こういった選手たちと一緒に戦えるということで、今から非常に興奮している。」(12/12時点のスコッド)

さらにもう二人、重要な選手として、田中史朗、松島幸太朗といった新加入選手の名前もあがっていた。

2017シーズンのスローガン「RISE AS ONE」

2017シーズンのスローガン「RISE AS ONE」

サンウルブズの2017シーズンのスローガンは「RISE AS ONE」。世界最高峰の舞台であるスーパーラグビーに挑む日本唯一、またアジア唯一のチームとして、チーム一丸"One Team (As One)" となり挑んで行こうという決意を表している。さらに、2019ラグビーワールドカップ日本大会に向けて、ジャパンラグビー、さらにはアジアラグビーをリードするサンライズ(SUNRISE)のような存在になることを目標としている。

今回を機に、ジャージも一新。新ジャージのデザインは「くまモン」を手掛けた水野学氏が担当している。赤と白を基調とするホームジャージには、世界最高峰のスーパーラグビーに参戦する唯一の日本チームであることを象徴する「太陽」が描かれ、熱く輝きながら、果敢に世界の強豪チームに挑むチームの姿を表している。一方、オルタネイトジャージは白と黒でデザイン。ホームジャージの「太陽」に対して、狼と親和性の高い「月」が描かれており、狼の特徴である俊敏な動きと組織力によって相手チームに襲い掛かるプレーを強調している。

オフィシャルサポーターには、“頭はオオカミ、身体は人間という究極の生命体5匹からなるロックバンド”「MAN WITH A MISSION」が就任。サンウルブズをイメージして書き下ろした楽曲「Brave It Out」は、サンウルブズ2017年シーズンの公式テーマソングとなっている。

オフィシャルサポーター「MAN WITH A MISSION」

オフィシャルサポーター「MAN WITH A MISSION」

 
MAN WITH A MISSION からのコメント
コノタビ、ヒト・コミュニケーションズサンウルブズノ2017シーズン公式テーマソング「Brave It Out」ヲ歌ワセテ頂クコトニナリマシタ。記憶ニモ新しい、南アフリカトノ奇跡的ナ勝利等デ、勢イニノッテイルラグビー界ノサラナル活躍ヲ援シテイキタイトイウ思イデ、我々ハ今回楽曲ヲ描カセテ頂キマシタ。スタジアムデモ盛リ上ガレルヨウナ応援歌ニ仕上ッテオリマスノデ、ゼヒラグビーノ応援ヲシナガラ、我々ノ楽曲ト共ニ日本ノラグビー界ヲ盛リ上ゲテイッテホシイデス。コノ楽曲ト共ニ、世界デ戦ウサンウルブズノ選手達ヲ一緒ニ応援シテイキマショウ!(ジャン・ケン・ジョニー)

 

ラグビーワールドカップ2019年大会が日本で開催されることもあって、ますます注目が集まっているラグビー。世界最高峰のリーグ挑む日本チームの戦いを観に、ぜひ会場へ足を運んでみてはいかがであろうか。国内開催の全試合を観たい人におすすめの「4試合通し券」のほか、昨シーズン好評だった「特典付きチケット」、「4試合同じ場所で観戦できるチケット」といった企画チケットが今年も発売される。チケット最新情報も見逃さずにチェックしよう。

イベント情報
2017シーズンスケジュール

1節 2/25(土)13:15 vsハリケーンズ @秩父宮ラグビー場(東京)
2節 3/4(土)18:55 vsキングズ @シンガポール国立競技場(シンガポール)
3節 3/11(土)17:15 vsチーターズ @フリーステート・スタジアム(ブルームフォンテイン)
4節 3/17(金)19:00 vsブルズ @ロフタス・ヴァースフェルド(プレトリア)
5節 3/25(土)18:55 vsストーマーズ @シンガポール国立競技場(シンガポール)
6節 BYE WEEK
7節 4/8(土)14:15 vsブルズ @秩父宮ラグビー場(東京)
8節 4/14(金)19:35 vsクルセイダーズ @AMIスタジアム(クライストチャーチ)
9節 4/22(土)17:15 vsハイランダーズ @ラグビーパーク(インバーカーギル)
10節 4/29(土)19:35 vsチーフス @FMGスタジアム(ハミルトン)
11節 5/6(土)18:40 vsジャガーズ @べレス・サルスフィエルド(ブエノスアイレス)
12節 BYE WEEK
13節 5/20(土)19:55 vsシャークス @シンガポール国立競技場(シンガポール)
14節 5/27(土)14:15 vsチーターズ @秩父宮ラグビー場(東京)
15節 7/1(土)17:15 vsライオンズ @エミレーツエアライン・パーク(ヨハネスブルグ)
16節 7/8(土)19:30 vsストーマーズ @DHLニューランズ(ケープタウン)
17節 7/15(土)12:05 vsブルーズ @秩父宮ラグビー場(東京)
※日時はキックオフ日時(現地時間)

 

チーム情報
サンウルブズ42名のスコッド(1/12時点)

PR
稲垣 啓太(パナソニック ワイルドナイツ)
三上 正貴(東芝ブレイブルーパス)
山本 幸輝(ヤマハ発動機ジュビロ)

HO
木津 武士(神戸製鋼コベルコスティーラーズ)
庭井 祐輔(キヤノン イーグルス)
日野 剛志(ヤマハ発動機ジュビロ)
堀江 翔太(パナソニック ワイルドナイツ)

PR3
浅原 拓真(東芝ブレイブルーパス)
伊藤 平一郎(ヤマハ発動機ジュビロ)
具 智元(拓殖大学)
山路 泰生(キヤノン イーグルス)

LO
宇佐美 和彦(キヤノン イーグルス)
大野 均(東芝ブレイブルーパス)
梶川 喬介(東芝ブレイブルーパス)
小瀧 尚弘(東芝ブレイブルーパス)
真壁 伸弥(サントリー サンゴリアス)
リアキ・モリ('16 ヒト・コミュニケーションズ サンウルブズ)

FL
ヴィリー・ブリッツ(NTTコミュニケーションズ シャイニングアークス)
エドワード・カーク('16 ヒト・コミュニケーションズ サンウルブズ)
ヘル ウヴェ(ヤマハ発動機ジュビロ)

No.8
徳永 祥尭(東芝ブレイブルーパス)
松橋 周平(リコー ブラックラムズ)
マルジーン・イラウア(東芝ブレイブルーパス)
三村 勇飛丸(ヤマハ発動機ジュビロ)
ラーボニ・ウォーレンボスアヤコ(NTTコム)

SH
内田 啓介(パナソニック ワイルドナイツ)
小川 高廣(東芝ブレイブルーパス)
田中 史朗(パナソニック ワイルドナイツ)
茂野 海人(NECグリーンロケッツ)
矢富 勇毅(ヤマハ発動機ジュビロ)

SO
立川 理道(クボタ スピアーズ)
田村 煕(東芝ブレイブルーパス)
田村 優(NECグリーンロケッツ)
ヘイデン・クリップス(東京ガス)

WTB
後藤 輝也(NECグリーンロケッツ)
福岡 堅樹(パナソニック ワイルドナイツ)

CTB
ティモシー・ラファエレ(コカ・コーラ レッドスパークス)
デレック・カーペンター(サントリー サンゴリアス)
マイケル・ボンド(キヤノン イーグルス)

FB
笹倉 康誉(パナソニック ワイルドナイツ)
松島 幸太朗(サントリー サンゴリアス)
リアン・フィルヨーン(NTTドコモ レッドハリケーンズ)

 

イベント情報
スーパーラグビー 2017

ヒト・コミュニケーションズ ​サンウルブズvsハリケーンズ(ニュージーランド)
2/25(土)13:15キックオフ
会場:秩父宮ラグビー場

ヒト・コミュニケーションズ ​サンウルブズvsブルズ(南アフリカ)
4/8(土)14:15キックオフ
会場:秩父宮ラグビー場

ヒト・コミュニケーションズ ​サンウルブズvsチーターズ(南アフリカ)
5/27(土)14:15キックオフ
会場:秩父宮ラグビー場

ヒト・コミュニケーションズ ​サンウルブズvsブルーズ(ニュージーランド)
7/15(土)12:05キックオフ
会場:秩父宮ラグビー場

シェア / 保存先を選択