武道館成功させたBOYS AND MEN、次は「ナゴヤドームを目指していきたい」

BOYS AND MENと鉄平。(写真提供:NHK)

BOYS AND MENと鉄平。(写真提供:NHK)

マルチタレントの鉄平がMCを務めるNHK総合の音楽番組「Uta-Tube」が、「BOYS AND MEN ~祝☆初武道館!リハ初日から密着しましたSP~」と題して昨日1月14日に中部7県で生放送され、放送後にBOYS AND MENの囲み取材会が行われた。

かねてよりBOYS AND MENを追いかけてきた「Uta-Tube」。昨日の特番は1月7日にBOYS AND MENが初の東京・日本武道館ワンマンライブ「BOYS AND MEN LIVE 2017 in 武道館 ~One For All, All For One~」を成功させたことを祝して企画されたもので、番組初の生放送でボイメンのメンバーがライブの感想などを語った。

取材会では田中俊介が「“雑草グループ”だった僕たちが武道館に立てたことで、夢に対する思いが強ければかなう!ということを証明できたこと、お客様と一緒に味わえたことがとてもうれしかったです」、水野勝が「これからも地元を大切に、がんばっていきたいです」と語る。そして小林豊は「『夢はあきらめなければ必ずかなう』ということをテーマに活動して、武道館という夢をずっと追い続けてきたので、そのステージに10人で立てて本当によかったです」と噛み締めながら「これからは10人そろってナゴヤドームを目指していきたいです」と今後の抱負を語った。

BOYS AND MEN コメント

水野勝

メンバーから、生放送めちゃめちゃ楽しかったと聞きました! 結成当初から面倒を見ていただいた鉄平さんと一緒に、「Uta-Tube」初めての生放送という機会をいただき、本当に光栄でうれしいです。武道館ですが、BOYS AND MENはずっと「夢をかなえること」というテーマを大切にしてきたグループなので、それを伝えられるグループであることを誇りに思いながらステージに立たせていただきました。殺陣があったりお笑いコーナーやゲームコーナーがあったり、いろいろな演出にも挑戦するのが僕たちなので、これからも地元を大切に、がんばっていきたいです。
※取材会から参加

田中俊介

「Uta-Tube」の“初めて”をいただけたのがとてもうれしいです。生放送はボイメンらしくいろいろなことがありましたが、これからも東海地方を一緒に盛り上げていけたらと思いますので、仲良くしてください。そして武道館。結成当初からチラシを配ったり、公園で練習したり、少し揺らすと音が止まるラジカセで練習したりという“雑草グループ”だった僕たちが武道館に立てたことで、夢に対する思いが強ければかなう!ということを証明できたこと、お客様と一緒に味わえたことがとてもうれしかったです。これからもそんな姿を見せていけたらいいなと思いました。

田村侑久

「Uta-Tube」はボイメンが初めて出演した音楽番組でとても大切な存在なのですが、今日新たに生放送に挑戦して、これからもっと深い関係になれる可能性を感じました! 武道館はとても楽しかったんですが、一番うれしかったのは、ファンの方のブログで「ボイメンって遠い存在になっちゃったと思っていたけど、武道館でいつものボイメンらしい姿が見られて良かった!これからも近くにいてください」というメッセージを見ることができて、僕たちの思いがちゃんと伝わっていたことがとてもうれしかったです。これからも、地元やファンの皆さん、関係者の皆さんを大切に思いながら活動していきたい、と改めて強く思いました!

辻本達規

武道館は、僕たちボイメンらしく熱く、楽しくできたと思います。僕たちと鉄平さんとは以前から交流があって、すごく波長が合うんです。話していてとても楽しくて、自分たちと鉄平さんのハーモニーが生放送でよりリアルにテレビに映し出されたと思います。またやりたいです! 武道館から名古屋に帰ってきてほっとして、自分にとって“マイスイートホーム”なんだなって思いました。名古屋で冬のセールに出かけて遅めの正月も楽しめたのが、武道館と同じくらい楽しかったです(笑)。

 

小林豊

 

「夢はあきらめなければ必ずかなう」ということをテーマに活動して、武道館という夢をずっと追い続けてきたので、そのステージに10人で立てて本当によかったです。そう思えるステージだったと思います。名古屋からもたくさんの方がかけつけてくれて、僕たちの心意気を愛して、支えてもらえていることを改めて感じる場所でした。夢がかなうことは、ゴールでもあり新たなスタートでもあると思います。たくさんの活動を通して素晴らしいステージにつれていくことが今後のスタートにつながっていくと思うので、これからは10人そろってナゴヤドームを目指していきたいです。そして次回の生放送は10人そろって出たいと思います!
※取材会から参加

本田剛文

記念すべき初の「Uta-Tube」生放送に、ボイメンの武道館スペシャルという名前をつけていただき、稽古中の密着映像もたくさん見ることができて感激ものでした! 自分たちの稽古風景を客観的に見ることで、また新たな気持ちになりましたし、本当に光栄な時間でした。武道館は、地元愛を忘れてはいけないと再確認する場でもありました。東京の大きなステージに立つことができましたが、中部から軸足をずらさずにやっていきたい、と改めて気付かされた3時間半だったので、どこに行っても必ず帰ってくるという気持ちで続けていきたいです。

勇翔

「Uta-Tube」初の生放送、30分の放送がとても早く、あっという間でした。また出演したいです! 生放送中に「武道館に行った人」と聞くと、手を上げてくれた人がたくさんいて、やっぱり名古屋で応援してくれる人がいるからこそ、今の僕たちがあるんだな、と実感しています。

平松賢人

初の生放送、素敵な時間でした。生放送ならではのツイッター連動企画で、「Uta-Tube」のハッシュタグがトレンド1位をとったそうですね! 地元に戻ってきて、地元の友達、近所のおばちゃんに「武道館に立ったんだね!」「おめでとう!」「おつかれさま」と声をかけてもらえるのがすごくうれしくて、僕らがステージに立つことによって、地元が盛り上がってくれていることを実感しています。

土田拓海

生放送に出られて、うれしい気持ちと、武道館は夢のステージだったので、このメンバーで立てたことに喜びを感じています!

吉原雅斗

今日の生放送は、愛のあるVTRと鉄平さんの素敵なハンドリングで、一視聴者としてとても素敵な放送だと思いました(笑)。武道館は、タイトな期間にいろいろ詰め込んで勝負して、名古屋に帰ってきてとてもほっとした自分がいたので、大勝負であり、すごいステージだったんだなと思いました。名古屋に帰ってきてようやくそう実感していて、自分にとって落ちつくことのできる名古屋っていいな、と改めて思います。

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択