ボスことブルース・スプリングスティーンが『明日なき暴走』から40年でメッセージ公開

ニュース
動画
2015.8.27
ブルース・スプリングスティーン

ブルース・スプリングスティーン

『明日なき暴走』よ、誕生日おめでとう!

ブルース・スプリングスティーンの代表作にして不朽の名作『明日なき暴走』が1975年8月25日にUSリリースから40周年を迎えた。この『明日なき暴走』40周年に際し、ブルース本人からファンの皆さんへのメッセージがオフィシャル・サイトで公開された。※こちらから
 
「40年前、俺はEストリート・バンドと『明日なき暴走』ツアーの初日が行われるロードアイランド州プロヴィデンスへと急いでいた。その日の朝俺たちはニューヨークで最後のミックスを完了させたばかりだった。疲れ切ってはいたけれど、スタジオから出られることに感謝しながら北へと向かった。この音楽が自分たちに何をもたらしてくれるとしても準備はできている…と思っていた。そして俺たちにもたらされたのは、皆さんと、今日まで続いている皆さんとの会話。この音楽を自分のものにしてくれて、この特別な日を俺たちとともに祝福してくれるファンの皆さんに感謝!ああ、それから…『明日なき暴走』よ、誕生日おめでとう!」――ブルース

 
『明日なき暴走』はブルース・スプリングスティーンの3rdアルバムにして大出世作。"私はロックン・ロールの未来を見た。その名はブルース・スプリングスティーン"というジョン・ランダゥ(現マネージャー)による一節とともに、発表と同時に一大センセーションを巻き起こしたアメリカン・ロック史に名を残す傑作。

アメリカの夢に裏切られ続けながらも、アメリカの夢への信仰を捨てられずにいる若者たちが「約束の地」への脱出を試みる「10代の若者が持つ、愛や自由の定義から前に進もうとした作品」であり、ブルースにとってそれまでの作品と新たな問いかけを始めたそれ以降の作品との「境界線」となったアルバム。ドラマティックで躍動感あふれるサウンドとともに歌いあげるタイトル曲はブルースの代名詞としていまも多くのファンに愛されている。


 
発売後一週間で全米TOP10入り。発売直後にゴールド・ディスク、すぐにプラチナを獲得した『明日なき暴走』。1975年10月にTIME誌とNEWSWEEK誌の両誌の表紙を同時に飾り、単に音楽業界だけにとどまらず、社会現象にまでなった。ブルース自身このアルバムについて「ボブ・ディランのような詩をフィル・スペクターのようなサウンドとデュアン・エディのようなギターでロイ・オービソンのように歌う」ことを目指したと語っている。
 
なお、は2015年7月23日には最新リマスター盤が低価格で再発売されているので、当時からのファンも現代のロックファンも一聴したい、まさに不朽の名作である。
 

リリース情報
『明日なき暴走/Born To Run』(REMASTER)​

1975年作品 品番:SICP-4513 価格:¥1800+税
1. 涙のサンダー・ロード
2. 凍てついた十番街
3. 夜に叫ぶ
4. 裏通り
5. 明日なき暴走
6. 彼女でなけりゃ
7. ミーティング・アクロス・ザ・リバー
8. ジャングルランド
シェア / 保存先を選択