『国宝』展が41年ぶりに京都国立博物館で開催 主催者は「最高の国宝展を目指す」

SPICER
国宝 雪松図屏風(左隻)   円山応挙筆 東京・三井記念美術館 江戸時代・18世紀

国宝 雪松図屏風(左隻)  円山応挙筆 東京・三井記念美術館 江戸時代・18世紀

画像を全て表示(5件)

特別展覧会『国宝』が、2017年10月3日(火)~11月26日(日)まで、京都国立博物館にて開催される。

本展は、京都国立博物館の開館120周年を記念して開催される特別展覧会だ。数年に一度しか出会えない作品や、誰もが知っている名作まで、様々な国宝約200件が集結する。展示予定の作品には、円山応挙の「雪松図屏風」や、長谷川等伯「松林図屏風」、俵屋宗達「風神雷神図屏風」、さらには土偶(縄文のヴィーナス)や金印なども名を連ねている。

国宝 雪松図屏風(右隻)   円山応挙筆 東京・三井記念美術館 江戸時代・18世紀

国宝 雪松図屏風(右隻)  円山応挙筆 東京・三井記念美術館 江戸時代・18世紀

なお、本展の開催にあたり、主催者は「私たちは今、最高の国宝展を目指しています。」とのコメントを発表している。“見渡す限りすべて国宝”という貴重な展覧会、ぜひ足を運ぼう。

国宝 松林図屏風(右隻)   長谷川等伯筆 東京国立博物館 桃山時代・16世紀

国宝 松林図屏風(右隻)  長谷川等伯筆 東京国立博物館 桃山時代・16世紀

国宝 松林図屏風(左隻)   長谷川等伯筆 東京国立博物館 桃山時代・16世紀

国宝 松林図屏風(左隻)  長谷川等伯筆 東京国立博物館 桃山時代・16世紀

国宝 桜図壁貼付 長谷川久蔵筆 京都・智積院 桃山時代・16世紀

国宝 桜図壁貼付 長谷川久蔵筆 京都・智積院 桃山時代・16世紀

※会期中、展示替えあり。

イベント情報
京都国立博物館開館120周年記念
特別展覧会 『国宝』


会期:2017(平成29)年10月3日(火)~ 11月26日(日)
会場:京都国立博物館 平成知新館
交通:JR、近鉄、京阪電車、阪急電車、市バス 交通アクセス
休館日:月曜日
※ただし10月9日(月)は開館、10日(火)休館
開館時間:午前9時30分から午後6時まで(入館は午後5時30分まで)
※ただし会期中の毎週金・土曜日は午後8時まで(入館は午後7時30分まで)
http://kyoto-kokuhou2017.jp/
シェア / 保存先を選択