統計学者がデータで野球を解説 千葉ロッテの『データで楽しむ野球観戦チケット』が発売に

SPICER
鳥越 規央(とりごえ のりお)

鳥越 規央(とりごえ のりお)

千葉ロッテは、統計学を活用しながら野球にまつわる様々なデータをもとに、野球の新しい楽しみ方を提案するイベント付のチケットを発売する。

このイベントは、統計学者の鳥越規央氏が1試合を通じて様々な角度から野球とデータについて、わかりやすく解説してくれる企画だ。第1回目【4/5(水) vs日本ハム戦】のテーマは、「野球で学ぶ統計学入門 ~学生歓迎ZOZOマリン春期課外講座~」。春休み中の学生にも優しい学割価格も設定されている。また第2回目【4/22(土)】のチケットは、「親子・カップルで楽しめる春のデータ観戦入門チケット」と名付けられている。こども料金も設定されているので、親子での観戦にも最適だ。ぜひこの機会にデータ野球を学んでみてはいかがだろうか。

 
チケット情報
千葉ロッテマリーンズ主催試合

対象試合:
4月5日(水) 北海道日本ハム戦 <野球で学ぶ統計学入門~学生歓迎ZOZOマリン春期課外講座~>
4月22日(土) オリックス戦 <親子・カップルで楽しめる春のデータ観戦入門チケット>
5月17日(水) 埼玉西武戦 <「データマニア必見」データで楽しむ野球観戦スペシャルパーティー>
会場:ZOZOマリンスタジアム (千葉県)

 
プロフィール
鳥越 規央(とりごえ のりお)

統計学者。一般社団法人日本セイバーメトリクス協会・会長。
研究分野は数理統計学、セイバーメトリクス、スポーツ統計学。
著書に『スポーツを10倍楽しむ統計学』(DOJIN選書、2015年)
『勝てる野球の統計学――セイバーメトリクス』(岩波科学ライブラリー、2014年)
『プロ野球のセオリー』(仁志敏久氏との共著、ベスト新書、2012年)など。
シェア / 保存先を選択