まさに宝石箱! ロイヤルバレエからの贈り物『ジュエルズ』~英国ロイヤル・オペラ・ハウス2016/17シネマシーズン

動画
レポート
2017.6.3
『ジュエルズ』 ⒸROH

『ジュエルズ』 ⒸROH


英国ロイヤル・オペラ・ハウス2016/17シネマシーズンで6月2日から上演するのは、ジョージ・バランシンの『ジュエルズ』。宝石をモチーフとする「エメラルド」「ルビー」「ダイヤモンド」の三部作からなり、フランスのロマンチックバレエ、ニューヨークのジャズ風味漂うコンテンポラリー、ロシアの伝統薫るクラシック・バレエと、それぞれに異なったテイストで構成されている。

英国ロイヤル・バレエ団(ROH)をはじめ、マリインスキー・バレエやボリショイ・バレエ、パリ・オペラ座バレエ団など、世界のトップクラスのカンパニーがレパートリーとしている人気作で、特に「ダイヤモンド」のパ・ド・ドゥはガラなどでもよく上演されるが、日本で全幕を通して目にする機会はそう多くはない。

今回の上演は、この人気の作品全幕をROHのプリンシパル6人が登場するという豪華キャストで楽しめる、お得感も満載の、またとない機会だ。


■ROH上演50周年。ニューヨーク五番街で誕生した『ジュエルズ』

『ジュエルズ』はニューヨーク五番街744番地、今なお世界のセレブリティ御用達の宝石店「ヴァンクリーフ&アーペル」のウィンドウを飾っていた宝石を目にしたバランシンが、その輝きにインスピレーションを得て創り出した。初演は1967年。フォーレ、ストラヴィンスキー、チャイコフスキーの曲を用いたバランシンならではの、シノプスレスのバレエだ。3つの宝石には「フランス」「ニューヨーク」「ロシア」もイメージされており、いわばロシアからパリへ、さらにニューヨークへと渡りニューヨーク・シティ・バレエ団を創設したバランシンの生涯をも反映しているという。

それゆえ3部構成の作品は、それぞれにロマンチックバレエ、コンテンポラリー風、クラシック・バレエという雰囲気があり、まるで3つの演目を観るトリプルビルのようでもある。

■6人のプリンシパルが登場!マックレーのパフォーマンスにも注目

その3つの世界を、英国最高級のダンサー達が踊る。登場するプリンシパルは6人という豪華な舞台で、まさにROHの魅力が詰まった宝石箱だ。

第1部「エメラルド」はフォーレの『ペアレストメリザンド』『シャイロック』などの、ゆったりとした音楽で踊られる。『ジゼル』『ラ・シルフィード』を生んだフランスらしく、衣装はロマンチックチュチュ。ラウラ・モレーラ、平野亮一の両プリンシパルをはじめ、ベアトリス・スティックス=ブルネル、ヴァレリー・ヒリストフらが優美に踊る。平野亮一の落ち着いた安定感のあるリフトや踊りが頼もしい。

『ジュエルズ』エメラルド ⒸROH

『ジュエルズ』エメラルド ⒸROH

第2部「ルビー」の音楽はストラヴィンスキー『ピアノと管弦楽のためのカプリース』。力強いピアノの轟きから軽快なテンポへ、されにサクソフォンとのセッションのような曲は、まるでこの「ニューヨーク」のために作られたのではないかと思うほどに、あの大都会のイメージにぴったり。摩天楼の女王のようなトールガールを踊るのはメリッサ・ハミルトン。そしてプリンシパルのサラ・ラムとスティーブン・マックレーが軽快に、そしてエネルギッシュに、はち切れんばかりのパワーを炸裂させる。クライマックスのマックレーのウルトラ高速シェネは圧巻、に尽きる。5年ほど前になるだろうか、世界バレエフェスティバル『ドン・キホーテ』3幕でタマラ・ロホ(現イングリッシュ・ナショナル・バレエ団)とともに披露した、神がかったパフォーマンスを連想する。

『ジュエルズ』ダイヤモンド ⒸROH

『ジュエルズ』ダイヤモンド ⒸROH

最後を飾る第3部「ダイヤモンド」はマリアネラ・ヌニェスとティアゴ・ソラレスのペア。チャイコフスキーの『交響曲3番ポーランド』とともに、バランシンのオリジンであるロシア、そしてクラシック・バレエへのオマージュが込められた、華麗な世界が繰り広げられる。高貴で透明感を湛え、至高の輝きを放つ宝石の中の宝石、ダイヤモンド。朗らかで明るい魅力のヌニェスは、ここでは凛とした威厳を湛え、ソラレスはその女王を愛しむ。クライマックスの第4楽章はこれぞバランシン、ともいえる圧巻の群舞。ダンサー達がまるで音楽共々ダイヤモンドのネックレスを舞台上に描き出すようなシンフォニーで、この絢爛たる世界を締めくくる。

『ジュエルズ』はまさにROHから贈られた宝石箱。初演から50年を経てなお、一層の輝きを放つ名作だ。

上映情報
英国ロイヤル・オペラ・ハウス2016/17シネマシーズン『ジュエルズ』​
 
【振付】ジョージ・バランシン
【音楽】ガブリエル・フォーレ/イーゴリ・ストラヴィンスキー/ピョートル・チャイコフスキー
【指揮】パーヴェル・ソロキン
【出演】ベアトリス・スティックス=ブルネル/ラウラ・モレーラ/ヴァレリー・ヒリストフ/平野亮一/サラ・ラム/スティーヴン・マックレー/マリアネラ・ヌニェス/ティアゴ・ソラレス

 
【上映】
東京    TOHOシネマズ日本橋    2017/6/2(金) ~2017/6/8(木)
東京    TOHOシネマズ六本木ヒルズ    2017/6/2(金) ~2017/6/8(木)
千葉    TOHOシネマズ流山おおたかの森    2017/6/2(金) ~2017/6/8(木)
神奈川    TOHOシネマズららぽーと横浜    2017/6/2(金) ~2017/6/8(木)
愛知    TOHOシネマズ名古屋ベイシティ    2017/6/2(金) ~2017/6/8(木)
大阪    大阪ステーションシティシネマ    2017/6/2(金) ~2017/6/8(木)
神戸    TOHOシネマズ西宮OS    2017/6/2(金) ~2017/6/8(木)
福岡    中洲大洋映画劇場    2017/6/3(土) ~2017/6/9(金)

北海道    札幌シネマフロンティア    2017/6/24(土) ~2017/6/30(金)
宮城    MOVIX仙台    2017/6/24(土) ~2017/6/30(金)

公式サイト:http://tohotowa.co.jp/roh/

 

シェア / 保存先を選択