SPiCYSOL初の全国ツアーファイナルはSowelu、JAZEE MINORも登場し、あたたかに幕

レポート
音楽
2017.7.11
SPiCYSOL 撮影=高田梓

SPiCYSOL 撮影=高田梓

画像を全て表示(11件)

SPiCYSOL Tour 2017 “FIRST SIGNAL” 2017.7.2 代官山UNIT

7月2日、代官山UNITにて、全国8ヶ所をまわったSPICYSOLのツアー『SPiCYSOL Tour 2017 “ FIRST SIGNAL ”』のファイナル公演が開催された。このツアーは5月10日にリリースされた1stフルアルバム『SIGNAL』を携えて行われたもの。バンドにとっては初の全国ツアーとなった。

SPiCYSOL 撮影=高田梓

SPiCYSOL 撮影=高田梓

SPiCYSOL 撮影=高田梓

SPiCYSOL 撮影=高田梓

開演時刻を迎えると、まずKAZUMA(Dr) がオンステージ。既に流れていたSEに合わせてビートを刻み始めると、同じ要領でPETE(Trumpet,Cho,Key) 、サポートメンバーのAGURI(Ba)、AKUN(Gt,Cho)、KENNY(Vo,Gt)の順で入場。5人が音を重ねていき、セッションに突入したあと、1曲目「LOCAL BEAT」を演奏し始めた。バンドが吹き抜ける南風のようなサーフミュージックを奏でると、フロアを満たすオーディエンスは思い思いに身体を揺らし始める。「“FIRST SIGNAL”ツアーへようこそ! 最後まで楽しんでってくれ!」とKENNYが挨拶したあとは「Sex On Fire」を披露。さらにアルバム表題曲「Signal」に込めたメッセージを力強く届けると、コール&レスポンスを経て、「Rising Sun」へ。

SPiCYSOL 撮影=高田梓

SPiCYSOL 撮影=高田梓

SPiCYSOL 撮影=高田梓

SPiCYSOL 撮影=高田梓

さらにPETEによるトランペットの音色が彩りを添える「PABUK」ではオーディエンスがタオルをぐるぐると回しながら盛り上がりを見せた。「楽しんでますか、東京!」と KENNYが問いかければフロアからは大音量の歓声が。そして「みんな、日頃の生活でストレスたまりまくってるでしょ? 職場のアイツとか、近所のクソガキとか……。今日はそんなみんなのストレスを解消しようってことですよ!」と「Shut Up!」コールを促してから「WDTA(Shut Up)」へ突入したのだった。大きな声を張り上げるオーディエンスに向けて「超聞こえたよ、ありがとう!」とKENNYが笑顔を見せた。

SPiCYSOL 撮影=高田梓

SPiCYSOL 撮影=高田梓

SPiCYSOL / Sowelu / JAZEE MINOR 撮影=高田梓

SPiCYSOL / Sowelu / JAZEE MINOR 撮影=高田梓

後半戦に突入すると、Special Guest Actとして音源にも参加しているゲストボーカル・SoweluJAZEE MINORが登場し、「You Find Me,I Find You ft.Sowelu&JAZEE MINOR」を披露。3月のワンマンでもコラボレーションをしただけあって、バンド+2人は相性バッチリ。息のあったアンサンブルを聴かせたあとは、「みんなに訪れる毎日がもっともっと幸せになりますように。祈って歌うぜ」(KENNY)と「New Day」でバンド側の想いを届けたあと、「Around The World」のメロディをオーディエンスとともに歌い上げていく。そして「ちょっと懐かしい曲やります」と前置きされた「Indian Summer」(2015年5月リリースのデビューミニアルバム『To The C』に収録)では、タイトルコールされるや否やあちこちから歓喜の声が溢れ出す。照明によってフロアが明るく照らし出されるなか、思い思いにこの場を楽しむオーディエンスの表情を見渡し、メンバーたちは充実の表情を浮かべている。そのままオーディエンスへの感謝の気持ちを「Coral」に託していった。そして「人生ホント何が起こるか分からない。だからみんな“今を大切に”っていうけど、俺は正直すぐに忘れちゃう。でもそういう気持ちは絶対に忘れちゃいけない」とKENNYが率直に語ったあと、本編ラストに届けられたのは「Hello Swallow」。KENNYが大切な人を亡くした際に作ったという同曲が、今日という日を深く胸に刻み混むように、じっくりと奏でられたのだった。

SPiCYSOL / Sowelu / JAZEE MINOR 撮影=高田梓

SPiCYSOL / Sowelu / JAZEE MINOR 撮影=高田梓

SPiCYSOL 撮影=高田梓

SPiCYSOL 撮影=高田梓


 
興奮冷めやらないオーディエンスの声に呼ばれて再登場したアンコールでは、「実は1曲だけ、『SIGNAL』でやってない曲があるんだよ。分かった?」と「Honey Flavor」や「地元の仲間に捧げる曲」と紹介された「My Roots」が演奏された。さらにここで、11月に東名阪ツアー『SPiCYSOL 2017 2nd Tour "Cyanotype"』を開催することを発表。フロアからは驚きと歓喜が混ざったような声が上がり、早くもスケジュールをチェックするファンの姿を見てメンバーが笑いをこぼす一幕もあった。そして「ハッピーに終わろうぜ!」と「AWAKE」を演奏して終了。温かな空気の中、大団円を迎えたのだった。


取材・文=蜂須賀ちなみ 撮影=高田梓

SPiCYSOL 撮影=高田梓

SPiCYSOL 撮影=高田梓

ツアー情報
SPiCYSOL 2017 2nd Tour “Cyanotype" 

2017年
11月16日(木) 名古屋 ell.SIZE
11月22日(水) 心斎橋 Pangea 
11月24日(金) 青山 月見ル君想フ 
OPEN 18:30 / START 19:00
チケット
前売り:¥2,800- / 当日 ¥3,300- (D代別)
一般発売 8月20日(日)~
e+ / ぴあ / ローソンチケット にて販売
 

 

シェア / 保存先を選択