『六本木アートナイト2017』が開催決定 メインプログラム・アーティストは蜷川実花

ニュース
2017.7.14
六本⽊木アートナイト 2017 Photo by Mika Ninagawa

六本⽊木アートナイト 2017 Photo by Mika Ninagawa

画像を全て表示(5件)

『六本木アートナイト 2017』が、2017年9月30日(土)から10月1日(日)の2日間開催される。

『六本木アートナイト』は、六本木の街を舞台とした一夜限りのアートの祭典。2009年より始まり、今回で8回目(※)を迎える。

今回のテーマは「未来ノマツリ」。メインプログラム・アーティストには、写真家・映画監督として活躍する蜷川実花が起用されることとなった。蜷川は国内のみならず、特にアジアの国々では多くのファンを獲得していることでも知られている。

メインプログラム・アーティスト 蜷川実花

メインプログラム・アーティスト 蜷川実花

また、今回は初の試みとして、東南アジアにゆかりのある日本人アーティストや、東南アジアから注目アーティストを招聘して作品を制作・発表するプロジェクト「東南アジア・プロジェクト」も始動。東南アジアのアーティストが“祭”をテーマに地域のコミュニティメンバーと協働して作品を制作し、『六本木アートナイト』本番で作品を発表する。

ネオ・アンゴノ・アーティスト・コレクティブ(フィリピン) 《Angono Higantes,Big and Small》 photo credit : photo walk Philippines/whatsnewph.com

ネオ・アンゴノ・アーティスト・コレクティブ(フィリピン) 《Angono Higantes,Big and Small》 photo credit : photo walk Philippines/whatsnewph.com

国⽴奥多摩美術館(⽇本) 《24時間⼈間時計のためのドローイング》 《Drawing for 24h Human Clock》

国⽴奥多摩美術館(⽇本) 《24時間⼈間時計のためのドローイング》 《Drawing for 24h Human Clock》

ナウィン・ラワンチャイクン(タイ) 《OK Tower》 OK Tower, 2016 Installation view at Nishiura village, Megijima, Japan Photo by Navin Production

ナウィン・ラワンチャイクン(タイ) 《OK Tower》 OK Tower, 2016 Installation view at Nishiura village, Megijima, Japan Photo by Navin Production

※2011年は東日本大震災により中止

イベント情報
六本木アートナイト 2017

日時:2017年9月30日(土)~10月1日(日)
<コアタイム>9月30日(土)17:27【日没】~10月1日(日)【日の出】05:36
※コアタイムはメインとなるインスタレーションやイベントが集積する時間帯です。
場所:六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、21_21 DESIGNSIGHT、国立新美術館、六本木商店街、その他六本木地区の協力施設や公共スペース
入場料:無料(但し、一部のプログラム及び美術館企画は有料)

http://www.roppongiartnight.com
シェア / 保存先を選択