巨匠・ミュシャのイマーシブ展覧会『グラン・パレ・イマーシブ 永遠のミュシャ(仮称)』渋谷ヒカリエにて開催決定

ニュース
アート
2024.4.11
『グラン・パレ・イマーシブ 永遠のミュシャ(仮称)』

『グラン・パレ・イマーシブ 永遠のミュシャ(仮称)』

パリの「グラン・パレ・イマーシブ」が手掛けた巨匠ミュシャのイマーシブ展覧会『グラン・パレ・イマーシブ 永遠のミュシャ(仮称)』が、渋谷ヒカリエ9F ヒカリエホールにて開催されることが決定した。会期は2024年12月3日(火)から2025年1月19日(日)まで(予定)。

19世紀末から20世紀初頭にかけてパリで活躍し、アール・ヌーヴォーの代名詞となったポスター芸術の多数の名作を残したアルフォンス・ミュシャ(1860-1939)。洗練、エレガンス、モダニズムの象徴であるミュシャの作品は、世界中のアーティストにインスピレーションを与え、今なお人々を魅了し続けている。

今回開催が発表された『グラン・パレ・イマーシブ 永遠のミュシャ(仮称)』は、世界中のアートファンから注目を集めるグラン・パレ・イマーシブが、ミュシャ財団の協力のもとパリのオペラ・バスティーユにて2023年に開催したイマーシブ展覧会『Eternal Mucha』を日本向けにアレンジしたもの。ミュシャが生涯にわたり創作した傑作を、高解像度のプロジェクションを通してイマーシブならではの空間で堪能できる新感覚の没入体験型展覧会となっている。

展覧会の目玉となるイマーシブコンテンツではミュシャの物語を3幕で構成。第1幕では青年期までを過ごした故郷モラヴィア(チェコ)と、グラフィック・アーティストとしてパリでの成功をもたらした傑作ポスターの作品群を展開する。続く第2幕ではキャリアの絶頂期であり転換点ともなる1900年のパリ万国博覧会に焦点をあて、名作《スラヴ叙事詩》につながる祖国への想い、平和への願望を読み解く。第3幕はミュシャがパリで着想を得て晩年に取り組んだ集大成《スラヴ叙事詩》の連作を紹介。この叙事詩の芸術的表現やメッセージが、いかに人々の共感を得て世界平和のモデルとなったのか、その理由に迫っていく。

チケット情報など詳細は随時更新予定。詳細は公式サイトで確認を。

展覧会情報

グラン・パレ・イマーシブ 永遠のミュシャ(仮称)
会場:ヒカリエホール (渋谷ヒカリエ9F)
会期:2024年12月3日(火)~2025年1月19日(日) 予定
主催:Bunkamura、グラン・パレ・イマーシブ、ミュシャ財団
協力:テモアン
情報など詳細は決定次第ホームページにてお知らせいたします。
シェア / 保存先を選択