稲垣吾郎が天才・ベートーヴェンの足跡を辿る特別番組が、BS-TBSにて7月22日(日)朝10時から放送

ニュース
クラシック
舞台
2018.7.10

音楽史上、極めて重要な作曲家の一人といわれる楽聖ベートーヴェン。2015年、ベートーヴェンの半生と偉大なる名曲「交響曲第9番」誕生の感動を描き、喝采を浴びた舞台『No.9ー不滅の旋律ー』。傑作と称される本公演が、2018年11月11日(日)~12月2日(日)TBS赤坂ACTシアターにて再演される(その後、大阪、横浜、久留米を巡演)。本公演、そしてベートーヴェンの魅力をたっぷり伝える特別番組稲垣吾郎“運命”に出会う。 ~ウィーン ベートーヴェンの旅~』 がBS-TBSにて7月22日(日)朝10時から放送される。

ベートーヴェンとは一体どんな人物だったのだろうか? 本番組では、舞台『No.9ー不滅の旋律ー』でベートーヴェンを演じる稲垣吾郎が、ベートーヴェンが生涯の多くを過ごした<ウィーン>で天才の足跡を辿る。ゆかりのある場所を巡ることは、ベートーヴェンの魂の軌跡をなぞる旅にもなる。

例えば、ベートーヴェンが 1805年に初のオペラを演奏したアン・デア・ウィーン劇場、現存するその古くて荘厳な劇場を訪ね稲垣200年前に思いをはせる。はたまた、ベートーヴェンが3年間生活していた(ウィーンから車で 1 時間ほどの保養地)バーデンの家を訪ね、ベートーヴェンが使用していた本物のベッド、実際の洋服、その部屋を見る。そして、ベートーヴェンが遺書を書いた場所のハルゲンシュタットも訪ねる。そこから垣間見える、天才の姿……一方、傲慢で偏屈な激情家としても知られていたベートーヴェン、耳が聞こえなくなった作曲家は、いかにして数々の名曲を誕生させたのか? 遺書に記された天才の絶望と歓喜とは……? 稲垣吾郎が知られざる“人間ベートーヴェン”の魅力に迫る。
さらに、聞けば聞くほどベートーヴェンのスゴさがわかる、気鋭のピアニスト・清塚信也と日本を代表する指揮者・佐渡裕がベートーヴェンの音楽の魅力に迫るウィーンで行われたスペシャル対談も必見だ。舞台『No.9ー不滅の旋律ー』が観たくなる特別番組に期待だ。

放送情報

『稲垣吾郎“運命”に出会う。 ~ウィーン ベートーヴェンの旅~』
 
放送日程:BS-TBS にて7月22日(日)朝10時~ 
<出演>
稲垣吾郎 / 清塚信也(ピアニスト) 佐渡裕(指揮者)

公演情報

木下グループ presents『No.9 –不滅の旋律-』 
 
■出演:
稲垣吾郎/剛力彩芽 
片桐仁、村川絵梨、鈴木拡樹
岡田義徳、深水元基、橋本淳、広澤草、小川ゲン、野坂弘
奥貫薫、羽場裕一、長谷川初範
 
■演出:白井晃
■脚本:中島かずき(劇団☆新感線)
■音楽監督:三宅純
 
■日程・場所
【東京公演】2018年11月11日(日)~ 12月2日(日) 会場: 㼀B㻿赤坂AC㼀シアター
【大阪公演】2018年12月7日(金)~ 12月10日(月) 会場: オリックス劇場
【横浜公演】2018年12月22日(土)~12月24日(月・祝) 会場: KAA㼀神奈川芸術劇場<ホール>
【久留米公演】2019年1月11日(金)~ 1月14日(月・祝) 会場: 久留米シティプラザ

チケット一般発売:2018年7月28日(土)
 
お問合せ:キョードー東京 0570-550-799(平日11:00〜18:00 土日祝10:00〜18:00)
公式サイト:www.No9-stage.com
シェア / 保存先を選択