映画『蜜蜂と遠雷』の劇中オリジナル楽曲「春と修羅」の先行配信がスタート 恩田陸「私の描いた通り」

ニュース
動画
クラシック
映画
2019.8.28
映画『蜜蜂と遠雷』インスパイアード・アルバム

映画『蜜蜂と遠雷』インスパイアード・アルバム

 

2019年10月4日(金)に公開される恩田陸の同名小説を原作とした映画『蜜蜂と遠雷』。劇中のコンクール課題曲として、藤倉大が作曲した劇中オリジナル楽曲「春と修羅」が、2019年8月28日(水)より先行配信されることが決定した。

『蜜蜂と遠雷』は、史上初の快挙となる<直木賞>(第156回)と<本屋大賞>(2017年)のW受賞を果たし、現代を代表する作家の一人、恩田陸の新たな代表作となった名作。映像化不可能ともいわれていた本作を、松岡茉優主演、共演には松坂桃李、森崎ウィン、鈴鹿央士らで映画化。監督・脚本・編集は石川慶、劇中の演奏を河村尚子、福間洸太朗、金子三勇士、藤田真央の4名のピアニストが担当している。

今回先行配信となった「春と修羅」は、劇中でコンテスタントたちの課題曲として登場する劇中オリジナル楽曲。2019年9月4日(水)に発売される本作のインスパイアード・アルバムに収録されている。原作でも印象的に描かれ、ソロのピアノ作品に“カデンツァ(即興演奏)”部分があり、今回先行配信される楽曲は亜夜・明石・マサル・塵それぞれ全く異なる“カデンツァ”が収録され、クラシックファンはもちろんのこと、原作ファンも必聴のものとなっているという。

作曲を担当した藤倉大は「春と修羅」について「僕はまず、小説の中で『春と修羅』に関する描写のある部分を全部取り出してみようと思いました。僕はこの映画で一番のキーは恩田さんの小説だ、と思ったし、僕の書く『春と修羅』は映画音楽ではなく、この作品では映画の重要キャラクターの一人だと思う。」と「春と修羅」の重要性を語っており、並々ならぬ想いで作曲したことを語っている。また、原作者の恩田陸は「春と修羅」を実際に耳にしたときの様子を「作曲を手掛けた藤倉さんはすごくリサーチをして『小説の中からヒントをもらった』とおっしゃっていました。私の描いた通りに創ってくださっている。」と手放しで絶賛している。

また、楽曲の先行配信にあわせ、松岡演じる亜夜、松坂演じる明石、森崎演じるマサル、鈴鹿演じる塵が「春と修羅」を演奏するシーンを収めた特別映像も解禁となった。

先行配信は、iTunes Storeほか主要音楽配信サイトにて。なお、2019年9月28日(土)・29日(日)に横浜赤レンガ倉庫特設会場にて行われる『STAND UP! CLASSIC FESTIVAL 2019』では、28日(土)に『クラシック in シネマ』と題したプログラムが行われ、福間洸太朗、藤田真央が出演。映画『蜜蜂と遠雷』で演奏された楽曲も披露される予定だ。

「春と修羅」特別映像

リリース情報

映画『蜜蜂と遠雷』河村尚子plays栄伝亜夜
9月4日(水)発売〈デジタル配信も同時発売〉
定価:3,000円+税
 
映画『蜜蜂と遠雷』福間洸太朗plays高島明石
9月4日(水)発売〈デジタル配信も同時発売〉
定価:3,000円+税
 
映画『蜜蜂と遠雷』金子三勇士playsマサル・カルロス・レヴィ・アナトール
9月4日(水)発売〈デジタル配信も同時発売〉
定価:3,000円+税
 
映画『蜜蜂と遠雷』藤田真央plays風間塵
9月4日(水)発売〈デジタル配信も同時発売〉
定価:3,000円+税
 
◆先行配信楽曲 ※iTunes Storeほか主要音楽配信サイトにてトラック先行配信
・春と修羅(栄伝亜夜ヴァージョン)~演奏:河村尚子
・春と修羅(高島明石ヴァージョン)~演奏:福間洸太朗
・春と修羅(マサル・カルロス・レヴィ・アナトール ヴァージョン)~演奏:金子三勇士
・春と修羅(風間塵ヴァージョン)~演奏:藤田真央
 
◆楽曲紹介はこちら https://mitsubachi-enrai-movie.jp/music.html

上映情報

映画『蜜蜂と遠雷』
2019年10月4日(金)全国公開
 
松岡茉優 松坂桃李 森崎ウィン
鈴鹿央士(新人)臼田あさ美 ブルゾンちえみ 福島リラ/ 眞島秀和 片桐はいり 光石研
平田満 アンジェイ・ヒラ 斉藤由貴 鹿賀丈史

原作:恩田陸「蜜蜂と遠雷」(幻冬舎文庫)
監督・脚本・編集:石川慶
「春と修羅」作曲:藤倉大
ピアノ演奏:河村尚子 福間洸太朗 金子三勇士 藤田真央
オーケストラ演奏:東京フィルハーモニー交響楽団(指揮:円光寺雅彦)
(C)2019 映画「蜜蜂と遠雷」製作委員会

公演情報

『イープラス presents STAND UP! CLASSIC FESTIVAL 2019』
 
■開催日時:2019年9月28日(土)29日(日)開場9:30/開演10:30(20:20終演予定)
■会場:横浜赤レンガ倉庫特設会場
■出演者(50音順) 
【総合司会】松下奈緒【特別出演】五嶋龍(ヴァイオリン)
【ソリスト】相葉裕樹/朝夏まなと/伊礼彼方/上野耕平(サックス)/エリアンナ/茅野愛衣(声優・トーク 出演)/紀平凱成(ピアノ)/北川辰彦(バスバリトン)/鍵盤男子(ピアノデュオ)/五嶋龍(ヴァイオリン)/小林 沙羅(ソプラノ)/昆夏美/阪田知樹(ピアノ)/篠原悠那(ヴァイオリン)/反田恭平(ピアノ)/種田梨沙(声優・ トーク出演)/TSUKEMEN/DEPAPEPE/
外村理紗(ヴァイオリン)/NAOTO(ヴァイオリン)/西村悟(テノール)/→Pia-no-jaC←/福 間洸太朗(ピアノ)/藤田真央(ピアノ)/藤原道山(尺八)/松下奈緒(ピアノ)/三浦一馬(バンドネオン)/宮本 笑里(ヴァイオリン)/LE VELVETS
【指揮】青島広志/松沼俊彦/三ツ橋敬子
【アンサンブル】神奈川フィルハーモニー管弦楽団/シアター オーケストラ トーキョー/STAND UP! ORCHESTRA/神奈川県立弥栄高校吹奏楽部・合唱部/川崎市立高津高校吹奏楽部
and more...
 
■チケット
【プレミアムシート(指定席)】25,000円
【自由席 エリアA(ブロック指定)】13,800円
【自由席 エリアB(ブロック指定)】9,800円
【芝生エリア(自由)】8,800円
※全て税込み
※芝生エリアはすべてのお客様にご入場いただけます。
※プレミアムシートは指定席、自由席エリアA・Bはブロック指定となります。
※その他の券種については、公式WEBサイトをご覧ください。
 
■主催:イープラス/朝日新聞社
■共催:横浜アーツフェスティバル実行委員会
■協賛:クレディセゾン/公益財団法人ソニー音楽財団(Sony Music Foundation)
■後援:神奈川県/横浜市文化観光局/tvk/テレビ埼玉/BSフジ/FMヨコハマ/J:COM
■企画制作:イープラス/Zeppライブ
■制作協力:クリエイティブマンプロダクション
■協力:日本クラシック音楽事業協会/ソニー・ミュージックエンタテインメント
■問合せ:イープラス 0570-02-1144 (受付時間10時~18時・土日祝含む)
 
■「STAND UP! CLASSIC FESTIVAL 2019」公式WEBサイト:https://standupclassicfes.jp
■e+(イープラス):https://eplus.jp/
■株式会社イープラス:https://corp.eplus.jp/
シェア / 保存先を選択