RADWIMPS×Mr.Children 『胎盤』最終公演で鳴らされた終わりなき未来への決意

SPICER+
RADWIMPS

RADWIMPS

画像を全て表示(5件)

『10th ANNIVERSARY LIVE TOUR RADWIMPSの胎盤』 2015.11.28 Zepp Tokyo

Mr.Childrenは攻めてきた。彼ら自身もアルバム『REFLECTION』リリース前から新曲中心のライブを行ったり、RADと時を同じくして2マン形式のZeppツアーを開催するなど、ここのところずっと「攻めて」いる。それは原点回帰だとか初期衝動がどうとかいうよりも、純粋に楽しくて、やりたくてやっているという至極健全な姿勢に見える。この日もまさにそうであった。

「未完」で幕を開けたステージ。ギターを抱えた桜井和寿(Vo/G)が「行くぞ」とばかりに左右に体を揺らして歌い始めると、鳥肌ものの大歓声だ。感触を確かめるように頷きながら音を重ねる田原健一(G)と中川敬輔(B)、思わず目で追ってしまうほど豊かな表情とアクションながら、抜群の安定感を誇る鈴木英哉(Dr)。照明以外の演出やギミックは皆無、シンプルなバンドアンサンブルのみで勝負するステージだが、ミスチルはやはりミスチル。「ロックンロールは生きている」「REM」と立て続けにハードなナンバーを叩き込みながら、演奏中には前の3人が客席ギリギリまで身を乗りだしたりと、たちまち会場を熱狂の坩堝へと叩き込んでいく。

Mr.Children

Mr.Children

もはや歓声というより絶叫に近いほどの声援の中、

「胎盤のツアー色んな人たちとやってて、(ラインナップを)見たら若い人がいっぱいで。サッカーでいうと、その中にオーバーエイジ枠が2枠。Spitzと僕らが。すごく嬉しいのはさ、まだまだ伸び盛りの、今後まだまだ躍進していくであろうバンドの中にオーバーエイジ枠として僕らを選んでくれたこと」と、何とも「らしい」表現でこのツアーに参加する喜びと感謝を述べる桜井。RADや若手のバンドへの敬意を払いつつ、さりげなくSpitzを巻き添えにする軽快なトークに笑いが起きる。そこからの中盤戦では「掌」「youthful days」と懐かしい名曲も演奏し、手拍子や合唱で盛り上がる。ベテランの風格と若手顔負けの勢いを兼ね備えたバンドの姿に、どちらのファンも狂喜し、フロアの前の方はもうすごいことになっている。

RADのデビュー当時、スガ シカオと一緒に飲んでいるときに「すごいのが現れた、歌詞がすごい」と言われ、それがRADだった…といったファンに嬉しいエピソードも飛び出し、ライブは後半へ。「RADのファンなら色んな日本語の歌詞、しかもちょっと刺激的な歌詞でも大丈夫ではないかということで」と前置きして披露したのは「隔たり」! レアかつじっくり聴かせるエモーショナルなナンバーに、息を飲んで見つめる観客たち。そこからイントロのピアノに沸いた「Sign」、鈴木の勇ましいカウントコールから放たれた「足音~Be Strong」と、これぞミスチルという優しく力強い楽曲の連打には、もう言葉もない。

ラストは「僕らに、みなさんに、そしてRADWIMPSにも、この曲を贈りたいと思います」と、「終わりなき旅」を。偉大なる先輩バンドから、RADとファンに向けた最高のプレゼント。それと同時にMr.Childrenもまた、まだまだ道の途中であり、これからも「新しい何か」に向かって進んでいくバンドなのだ、という鮮やかな意思表示を以って、そのステージを締めくくった。

Mr.Children

Mr.Children

そして、ついに『胎盤』ツアーのファイナルを迎えたRADWIMPS。ここまでのツアーでも公演を重ねるごとに強固になっていくアンサンブルと、鋭さを増すパフォーマンスを見せてきた彼らだが、この日はそこからさらにリミッターを外してきた。いや、ミスチルのステージと会場の空気がそうさせたというべきか。

「DADA」のイントロへと繋がるSEの中、もう待ちきれないとばかりにゆらゆらと踊りながらステップを踏む野田洋次郎(Vo/G/Piano)。サウンドも一層凶暴になっており、桑原彰(G)がディストーションのかかりまくった図太いギターを突き刺せば、武田祐介(B)もすさまじい音圧の重低音で応え、後方に構えた2機のドラムが強烈なビートを放ち続ける。続く「ギミギミック」や「DARMA GRAND PRIX」でも、前の3人は時折マイクの拾わないところで雄叫びを上げたりしながら激しく動き回る。

ミスチルとの対バンについて「今日が来るまで本当に信じられなかった」と語った桑原のMCはいつもより多めに噛んでいたし、「やばいね、やばいねやばいね! もうビールの一本でも飲みたい気分だったんだけど、ライブがあるっていうもんですから(笑)」と切り出した野田もいつも以上にハイテンションで心底楽しそうだ。オーディエンスにもその熱は伝染し、なだれ込んだ「05410-(ん)」では出だしから盛大な掛け声とジャンプがZeppを揺るがした。ステージも客席も、目に見えない気合がみなぎっている。

RADWIMPS

RADWIMPS

中盤には「理屈で考えると、どう考えてもこの体験が理解できないので、もう考えるのやめようかってくらい特別な1日になってます」と、野田がこのスペシャルな共演への感慨を話し始める。アメリカ在住時に、従兄弟からテープに録音したミスチルの曲をもらったこと、当時は日本の音楽の全てがそのテープだったこと、4年間そのテープを家でも車でも擦り切れるまで聴いたこと、帰国後に初めて好きな女の子に貸したCDもミスチルだったこと、それが「ニシエヒガシエ」だったので全く恋愛のモチベーションにならなかったこと(笑)……如何に彼にとってミスチルという存在が特別なものであるかが伝わって来る率直なMCに続いて、ギター1本の弾き語りで歌われたのは「CROSS ROAD」だった。優しく歌われた同曲に送られる喝采の中「ありがとう、ミスチル」と告げ、「ふたりごと」からの中盤へ。

待ってましたの「おしゃかしゃま」で、グルーヴとテクニカルな要素、多彩なステージアクションの全てを見せつけてからの、弾丸のような勢いで「ます。」をぶっ放す流れは、やはりとんでもない破壊力。一転、あえて派手なアクションをせずに歌う新曲「‘I’ Novel」では、背後に映し出される歌詞の一言一句と耳に飛び込んでくる言葉の相乗効果で、大切に想いを紡いでいく。そんな緩急を交えつつも、そのまま本編最後の「会心の一撃」までド迫力で突っ走ってみせた。

 

「相変わらず僕らは音楽をやっていくと思います。音楽が大好きで、音楽を作ってる自分が好きで。……自信がどこかにあって。それは僕らにしか鳴らせない音楽があるなと思うから。「僕らにしかできないことをしようね」って10年前、4人で話して、今日ここまで来たので、それは間違いなくこれからもずっとやり続けるってことはお約束します」

この日、そう静かに宣言した野田。RADWIMPSは、10年を経てよりRADWIMPSになった気がする。自身とその内面に、集まってくれるファンに、ときに痛々しいほど徹底的に向き合い、問い続け、正直であり続けたRADWIMPS。そんな彼ら自身が「こうなりたい、こうありたい」と思う姿、ファンが彼らに抱く姿、現実の彼ら。自然とそれらの乖離が無くなってきたように思うのだ。だからこそ出来たこの祝福に満ちた『胎盤』ツアーであり、素の表情と笑顔に満ちたこの日のステージではないだろうか。彼らはきっとこの先ももっともっと、RADにしか鳴らせない音楽を作り、極めていく。

 

野田と桜井、田原を加えた3人による「車の中でかくれてキスをしよう」、RADメンバーと桜井での「有心論」など、2度と見られないかもしれない特別なコラボレーションを経て、ラストに「夢番地」を届ける前に、野田はまっすぐこう言って『胎盤』ツアーを締めくくった。

「努力し続けたら幸せになる何かが叶うとか、そんなことは俺は口が裂けても言えないし、そんなことを言う人は一生信用しないんですよ。絶対嘘だから。そんなふうに出来てないから、世の中は。出来てないけど、「だからなんだ」って俺は思うし、現に10年間やってこういう景色が見れたりとか、あなたの前に立てたりとか、それは事実として今目の前にあります。それをあなたがどう思うかです。「まだ自分は何も成せてないな」とか、「始まりの始まりだな」とか……分かんねぇ。でも、俺らみたいなのもいるよっていうことを最大限、僕らのメッセージとして受け取ってほしいなと思うし、明日からのあなたの、何かの糧になったらいいなって本当に思ってます。一緒に生きていきましょう」

 

撮影=植本一子 文=風間大洋

RADWIMPS

RADWIMPS

 

セットリスト

Mr.Children

1. 未完
2. ロックンロールは生きている
3. REM
4. 掌
5. FIGHT CLUB
6. youthful days
7. 隔たり
8. Sign
9. 足音~Be Strong
10. 終わりなき旅


RADWIMPS

1. DADA
2. ギミギミック
3. DARMA GRAND PRIX
4. 05410-(ん)
5. 遠恋
6. ヒキコモリロリン
7. アイアンバイブル
~CROSS ROAD弾き語り(1コーラス)~
8. ふたりごと
9. 夢見月に君想ふ
10. おしゃかしゃま
11. ます。
12. ‘I’ Novel
13. いいんですか?
14. 25コ目の染色体
15. 君と羊と青
16. 会心の一撃
[ENCORE]
17. 車の中でかくれてキスをしよう(桜井和寿×野田洋次郎×田原健一)
18. 有心論(桜井和寿×RADWIMPS)
19. 夢番地

 

ライブ情報
10th ANNIVERSARY LIVE TOUR FINAL​
RADWIMPSのはじまりはじまり

日時:2015年12月23日(水)
会場:幕張メッセ 国際展示場


 

 

シェア / 保存先を選択