音楽劇『精霊の守り人』舞台映像の配信が決定 明日海りお、村井良大、黒川想矢出演の特別公演をアーカイブ配信

ニュース
舞台
2023.7.21

日生劇場開場60周年を記念して上演される音楽劇『精霊の守り人』。チケット好評を受け、期間限定で舞台のアーカイブ配信が決定した。

2023年7月29日(土)より日生劇場にて開幕する本作は、これまでTVドラマやアニメ、ラジオドラマなど、様々な形で親しまれてきたファンタジー小説の名手・上橋菜穂子による『精霊の守り人』の初の舞台化。本公演のバルサ役は、日生劇場で2作品連続での主演となる明日海りお。Wキャストとして、AKB48、NMB48での活動を経て、昨今は『Endless SHOCK』や『スワンキング』など、ミュージカルで頭角を現す梅田彩佳が演じる。また、バルサを見守る呪術師見習い・タンダ役は村井良大、山崎樹範がWキャストで演じる。そのほか、呪術師のトロガイとチャグムの母・二ノ妃の二役に雛形あきこ、帝に仕える武人である狩人のジン役に渡部 秀、星読博士のシュガ役に水石亜飛夢、ジンの部下であるゼン役に小野塚勇人(劇団EXILE)、同じくユン役に健人、チャグムの父で新ヨゴ皇国の帝を唐橋 充が、チャグム役は黒川想矢・込江大牙がWキャストで演じる。また、声の出演として、麻実れいが作品を彩る。

配信されるのは8月1日(火)13:00特別公演で開催される公演を収録したもので、バルサ役が明日海りお、タンダ役が村井良大、チャグム役が黒川想矢。配信期間は、8月5日(土)~8月13日(日)。配信チケットは各プレイガイドにて7月22日(土)より販売となる。

本公演は、東京・日生劇場にて上演後、全国9都市を巡回し、計33公演を上演。精霊の卵を宿した幼いチャグム皇子と、皇子を守る凄腕の短槍使い、用心棒・バルサの冒険を、スペクタクルあふれる音楽劇として届ける。

配信情報

日生劇場開場60周年記念 音楽劇『精霊の守り人』 アーカイブ配信
 
【出演】
明日海りお / 渡部 秀 水石亜飛夢 小野塚勇人(劇団EXILE)  健人 唐橋 充 / 黒川想矢
雛形あきこ / 村井良大
 
麻実れい(声の出演)
 
池田美佳 及川崇治 杉浦勇一 東間一貴 福本鴻介 森山晶之 矢島みなみ 吉田彩美
 
【演奏】 Key かみむら周平 / Vc 大島 純 松 穣/ Reed 相原雅美 / Perc 岡田直樹 
 
【スタッフ】
原作:『精霊の守り人』 上橋菜穂子 作 偕成社 刊
脚本:井上テテ  作詞:国井 桂 演出:一色隆司  音楽:かみむら周平
 
【配信期間】 2023年8月5日(土)15:00~2023年8月13日(日)22:00
※配信期間を過ぎるとご視聴いただけなくなりますので予めご注意ください。
※本公演の映像は、2023年8月1日(火)13:00特別公演を収録したものとなります。
※特別公演:日生劇場ファミリーフェスティヴァル公演に内容を追加し、長めの公演時間で上演する公演。
 
代金】 3,500円(税込)
販売期間】 2023年7月22日(土)15:00〜2023年8月12日(土)16:59
※紛失等によるシリアルコード再発行や変更、返金等は対応出来かねます。
※ご購入後の返金・クレームは一切お受けできません。予めご了承ください。
 
販売プレイガイド】
イ-プラス https://eplus.jp/moribito-zan/ ほか
 
※視聴方法等詳細は公式サイトにてご確認ください
 
【公式Twitter】  @MoribitoStage
シェア / 保存先を選択