Da-iCE、MOONCHILD、SKY-HI×ØMIら出演したテクノロジーとエンターテインメントのイベント『イノフェス』初日公式レポート

レポート
音楽
2023.10.16
『J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA 2023』Da-iCE

『J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA 2023』Da-iCE

画像を全て表示(24件)

日本最大級のデジタル・クリエイティブフェス『J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA 2023』(以下、イノフェス)が2023年10月13日(金)、14日(土)、15日(日)の3日間、有観客とオンライン配信のハイブリッドで開催された。今回で8回目を迎える『イノフェス』。初日13日は開業したばかりの虎ノ門ヒルズ ステーションタワー内「TOKYO NODE HALL」で実施。14日と15日は六本木ヒルズにて開催し、大型の錯視効果LEDやARを用いた演出で、テクノロジーとエンターテインメントを融合した最先端ライブを六本木ヒルズより届けた。

MOONCHILDとDa-iCEがライブパフォーマンスを披露し、トークセッションにはSKY-HI × ØMIが登壇した初日、13日(金)のオフィシャルレポートをお届けする。


■MOONCHILD

MOONCHILD

MOONCHILD

最初にステージに登場したのは、LDH JAPAN×HYBE LABELS JAPANの初共同プロジェクトから誕生したガールズグループのMOONCHILD。彼女たちは5月にリリースされたデビューEP「DELICIOUS POISON」から「Don’t Blow It!」と「Photogenic」を届けていく。高い歌唱力とダンススキルはもちろんのこと、ときに笑顔で、ときにクールにと、豊かな表情でも観客を魅了していった。ANRIが「ちょっとガーリーでちょっとエレガント」だと称した黒と白を基調にしたこの日の衣装は今日が初披露。彼女たちはそんな新衣装で、11月29日リリースの2nd EPタイトル曲「Friends Are For」をフルコーラスで初お披露目。キャッチーな同曲に、会場からは自然とクラップが巻き起こり、明るいムードでトップバッターのアクトを終えた。ライブ後に初披露の感想を聞かれたMIRANOは「明るくて楽しい曲なので、自然とお客様の笑顔も増えた気がして、うれしい気持ちでパフォーマンスすることができました」、HANAは「最高に気持ちよかったです」と清々しい表情でステージをあとにした。

MOONCHILD

MOONCHILD

MOONCHILD

MOONCHILD

MOONCHILD

MOONCHILD

MOONCHILD

MOONCHILD

MOONCHILD

MOONCHILD

<セットリスト>
1 Don't Blow It!
2 Photogenic
3 Friends Are For

 

■SKY-HI × ØMI(三代目 J SOUL BROTHERS)二人が語るプロデュース論

SKY-HI × ØMI(三代目 J SOUL BROTHERS)

SKY-HI × ØMI(三代目 J SOUL BROTHERS)

続いて行われたのは、SKY-HIとØMIによるトークセッション。同い年の二人は、共にアーティストとして活動しながら、プロデュースも行う。そんな二人が「二人が語るプロデュース論」をテーマにトークを繰り広げた。プロデュースを始めたきっかけについては、SKY-HIが2017年の30歳になったあたりから起業を考え始め、同時に相談されることも増えたことが起点だと振り返り、ØMIも同時期だったと同意。さらにSKY-HIから「なぜガールズグループなのか?」と聞かれたØMIは「日本全体のエンタテインメントを見ていて、日本はガールズグループが育ちにくい環境下だと思った。グローバルスタンダートでやっていけるグループが日本からもっと出てくるべきだと思っていた」と明かす。するとSKY-HIは、それはエンタメ業界に限らず企業に起こりやすい“大企業病”のひとつだと説明。彼の言う大企業病とは、一つの成功や正解としてAが生まれると、A'は生まれやすいが、Bという選択肢が薄くなるというもの。続けて「エンタテインメントでそれが起こってしまうのは非常に不健康に思っていたので、ØMIくんのような、自分と同世代の人がガールズグループを手がけて、違う角度からの提案を入れていくのはすごく素敵なことだと思いました」とコメントする。するとすかさずØMIから「あなたもだいぶ新しい風を吹かせているけど!」と、同じ志を持つ同士で共感をし合った。2人のトークの最後には、SKY-HIがØMIに「そろそろ(一緒に)曲やりません?」と提案。本当にその場の思いつきだと言うが、ØMIも「突発的に言っても実現できる2人だから」と、アーティストとしての2人の今後にも期待を寄せてトークセッションは幕引きとなった。

SKY-HI

SKY-HI

ØMI(三代目 J SOUL BROTHERS)

ØMI(三代目 J SOUL BROTHERS)

SKY-HI × ØMI(三代目 J SOUL BROTHERS)

SKY-HI × ØMI(三代目 J SOUL BROTHERS)

 

■Da-iCE

Da-iCE

Da-iCE

最後はDa-iCEのライブアクト。大歓声に包まれステージに登場した彼らは、イノフェスを共催する筑波大学の学生チーム・Nu ink.によるテクノロジー演出と共に「CITRUS」でその幕を開ける。ステージ後方に設置された大きなビジョンにはNu ink.が用意したエモーショナルな映像が映し出され、新たな「CITRUS」の魅力を引き出す。メンバー同士の軽快なコミュニケーションも取り入れられた「Clap and Clap」では、間奏で工藤大輝がパッド機材を操り、大野雄大がコールアンドレスポンスを誘う。独特な誘い方に思わず花村想太がツッコミを入れるも、会場が想像以上に盛り上がってしまうという茶番(?)でもさらに観客を楽しませる。かと思えば、艶やかなダンスチューン「Funky Jumping」では複雑なダンスと華麗なハーモニクスを披露するなど緩急で観客を引きつけていった。

Da-iCE

Da-iCE

Da-iCE

Da-iCE

Da-iCE

Da-iCE

Da-iCE

Da-iCE

Da-iCE

Da-iCE

さらにNu ink.サイドからのリクエストだという「Flight away」で再びコラボアクト。「Flight away」はパフォーマーの工藤、岩岡徹、和田颯もマイクを持ち5人で歌唱する楽曲だ。コロナ禍での規制が解除されたことを感じさせる“今”に合っているという理由でNu ink.が選んだという同曲では、飛行機が世界各地を旅するような映像がビジョンに映し出され、楽曲に壮大さや軽やかさをプラス。メンバーもビジョンに目をやり映像を楽しみながら笑顔でパフォーマンスした。「Flight away」が5人歌唱曲だったことから、次曲も5人がマイクを持ちラップで歌い繋ぐ「Pioneer」がセレクトされたり、ボーカル2人だけがステージに残り、「濡れたバラード」をしっとりと披露したりするなど、工藤も思わず「珍しい曲を選んだね」と言うほど様々な形態で楽曲を届けていく。花火が上がったり、歌詞が映し出されたりと、「スターマイン」をさらに盛り上げるNu ink.の演出を終えると、花村が「素敵な映像をありがとうございました」とNu ink.へ感謝を口に。すると大野も「俺だってパソコン触れないのに」と、独特な言葉選びでNu ink.への賛辞を贈った。メンバーも「この日のためだけのセットリスト」「今日しかやらないと思う」と言うほどの珍しいセットリストと、最先端テクノロジーと卓越したスキルのコラボという、正真正銘一夜限りのパフォーマンスとなった。すべてが終わると、ビジョンが上がりステージの奥に壮大な夜景が広がるというサプライズも。最後まで観客を驚かせ、ワクワクさせ、「イノフェス2023」の初日は幕を下ろした。

Da-iCE

Da-iCE

<セットリスト>
1 CITRUS
2 DREAMIN' ON
3 Clap and Clap
4 Funky Jumping
5 Flight away
6 Pioneer
7 濡れたバラード
8 ダンデライオン
9 amp
10 Kartell
11 スターマイン
12 Melody

text by 小林千絵/Photo by アンザイミキ


なお、​リアル入場チケット完売の『イノフェス』は、オンラインでアーカイブ配信中。配信視聴チケットはイープラスにて販売中。

配信情報

J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA 2023
アーカイブ期間  10月16日(月)18:00~10月22日(日)23:59まで
配信販売サイト: https://eplus.jp/sf/detail/1811010003-P0030013?P6=001&P1=0402&P59=1
※アーカイブ配信は一部映像が編集でカットされる場合がございますので予めご了承ください。
シェア / 保存先を選択