第89回アカデミー賞ノミネーション発表!最多は『ラ・ラ・ランド』の13部門

ニュース
2017.1.25


第89回アカデミー賞のノミネーション発表が行われ、『ラ・ラ・ランド』(2月24日公開)が最多13部門に選出されている。

現地時間2月24日、ビバリーヒルズにある映画芸術科学アカデミー本部内で行われたノミネーション発表には、会長のシェリル・ブーン・アイザックスをはじめ、ジェニファー・ハドソン、ブリー・ラーソン、エマニュエル・ルベツキ、ジェイソン・ライトマン、そして日本からは渡辺謙がプレゼンターとして出席。

デイミアン・チャゼル監督のミュージカル『ラ・ラ・ランド』は作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞、脚本賞、撮影賞、編集賞、作曲賞、歌曲賞(2曲)、美術賞、衣装デザイン賞、音響編集賞、録音賞の計13部門にノミネート。

歌曲賞では「AUDITION (THE FOOLS WHO DREAM)」と「CITY OF STARS」の2曲が選ばれており、ミュージカル映画としての力を見せつける結果に。

作品賞は『ラ・ラ・ランド』をはじめ、現在までに100以上の映画賞を獲得している『ムーンライト』(春公開)、マット・デイモンがプロデューサーを務める『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(5月公開)が前評判通りノミネートを果たした。

ほかにも『最後の追跡』(16)、『LION/ライオン ~25年目のただいま~』(4月7日公開)、『メッセージ』(5月公開)、『ハクソー・リッジ(原題)』(夏公開)、『Fences(原題)』、『Hidden Figures(原題)』が選出。大きな注目を集める主要8部門のノミネートは下記にまとめているので、参考にしてみてほしい。

今年はどの作品が旋風を巻き起こすのか?どんなサプライズが用意されているのか?第89回アカデミー賞授賞式は現地時間2月26日(日)に、ハリウッドのドルビー・シアターで開催される。【Movie Walker】



<第89回アカデミー賞 主要部門ノミネート一覧>

▼作品賞

『メッセージ』

『Fences(原題)』

『ハクソー・リッジ(原題)』

『最後の追跡』

『Hidden Figures(原題)』

『ラ・ラ・ランド』

『LION/ライオン ~25年目のただいま~』

『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

『ムーンライト』

▼監督賞

ドゥニ・ヴィルヌーヴ『メッセージ』

メル・ギブソン『ハクソー・リッジ(原題)』

デイミアン・チャゼル『ラ・ラ・ランド』

ケネス・ロナーガン『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

バリー・ジェンキンス『ムーンライト』

▼主演男優賞

ケイシー・アフレック『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

アンドリュー・ガーフィールド『ハクソー・リッジ(原題)』

ライアン・ゴズリング『ラ・ラ・ランド』

ヴィゴ・モーテンセン『はじまりへの旅』

デンゼル・ワシントン『Fences(原題)』

▼主演女優賞

イザベル・ユペール『ELLE(原題)』

ルース・ネッガ『ラビング 愛という名前のふたり』

ナタリー・ポートマン『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』

エマ・ストーン『ラ・ラ・ランド』

メリル・ストリープ『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』

▼助演男優賞

マハーシャラ・アリ『ムーンライト』

ジェフ・ブリッジス『最後の追跡』

ルーカス・ヘッジズ『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

デヴ・パテル『LION/ライオン ~25年目のただいま~』

マイケル・シャノン『NOCTURNAL ANIMALS(原題)』

▼助演女優賞

ヴィオラ・デイヴィス『Fences(原題)』

ナオミ・ハリス『ムーンライト』

ニコール・キッドマン『LION/ライオン ~25年目のただいま~』

オクタヴィア・スペンサー『Hidden Figures(原題)』

ミシェル・ウィリアムズ『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

▼脚本賞

『最後の追跡』

『ラ・ラ・ランド』

『ロブスター』

『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

『20センチュリー・ウーマン』

▼脚色賞

『メッセージ』

『Fences(原題)』

『Hidden Figures(原題)』

『LION/ライオン ~25年目のただいま~』

『ムーンライト』
 

MovieWalker
シェア / 保存先を選択