黒鉄の城が映画化で45年ぶりに復活 アニメーション作品『マジンガーZ』の映画化が決定

SPICER
公開されたイメージグラフィック

公開されたイメージグラフィック

1970年代一世を風靡した巨大ロボットアニメ『マジンガーZ』が映画化されることが発表された。


マジンガーZとは永井豪原作、1972年から1974年までテレビ放送された最高視聴率30%を超える大ヒットアニメ。合体・乗り込み型ロボットアニメの元祖として多くの少年に夢と希望を与えた本作は、その後もヨーロッパ、中南米など世界中で放送され、各国のSFロボットアクションに影響を与えた。本放送最終回には続編である『グレートマジンガー』が登場し、そのまま新番組にストーリーが引き継がれるという手法はテレビの前の少年たちに衝撃を与えた。続編第二作『グレートマジンガー』に続いて第三作『UFOロボ グレンダイザー』を合わせると4年を超える長期シリーズとなっている。

今回の劇場版の制作は東映アニメーション、配給は東映が決定しているが、新たなるマジンガーがどのような姿形、内容で復活するかはまだわかっていない。

発表されたイメージグラフィックでは、真っ赤に燃えたぎったマジンガーの必殺技「ブレストファイヤー」が印象的なイメージグラフィックとなっている。

更に劇場版アニメ『マジンガーZ』はAnimeJapan 2017に登場も決定となった。!更なる情報は本日立ち上がった公式HPをチェックしてもらいたい。

http://www.mazinger-z.jp/

シェア / 保存先を選択