2016年のEDM界ニュース&ゴシップ総まとめ

SPICER

画像を全て表示(12件)

今さらですが“やっぱり読みたい!”という声にお応えして、2016年EDMシーンで起こったアレコレ総まとめ。大躍進したDJから、恋愛ゴシップ、逮捕ネタまで、いろんな出来事を振り返ってみました。


① マーティン・ギャリックスが世界ナンバーワンDJに

『DJ Mag』恒例のTOP 100 DJsのランキングでマーティン・ギャリックスが史上最年少ナンバーワンの座を獲得。

4位(14年)→3位(15年)→1位(16年)と順調にコマを進めて、とうとう20歳で世界を制覇。日本語でも投票できるようになったので、日本のファンの力も大きかった?

マーティンはクラブシーンのみならず、ポップチャートでも大健闘。Bebe Rexha(ビービー・レクサ)と共演したヒット曲“In The Name Of Love”のおかげで知名度も飛躍的にアップしましたよね。


 
 
② ザ・チェインスモーカーズが大ブレイク
 

ポップチャートで大健闘といえば、後にも先にもザ・チェインスモーカーズ。2016年の台風の目は間違いなくこの2人!

何しろ“Closer ft. Halsey”は12週連続全米ナンバーワン、“Don’t Let Me Down ft. Daya”は全米3位と、立て続けにメガヒットを連打。

アメリカンミュージックアワードではEDM部門で受賞。2017年2月のグラミー賞での結果が楽しみです。

去年8月には『Summer Sonic 2016』で来日。ビーチステージで彼らを観た人は、超ラッキー!彼らをあんなに近くで観れるチャンスは、もうないかも?


 


③ 円満破局から一転、泥沼化!! カルヴィンVSテイラー

音楽界最強の億万長者カップル、カルヴィン・ハリス&テイラー・スウィフトが破局!…したのは仕方がないとして、円満そうに見えた破局が突如泥沼化。

テイラーがカルヴィンのヒット曲“This Is What You Came For ft. Rihanna”のゴーストライターとして共作していたと暴露したのに対してカルヴィンはブチ切れ、一気にバトルモードへと。

その後、2人はなんとなく和解した様子。テイラーはすぐさま俳優のトム・ヒドルストンと交際をスタートさせたが長く続かず。

ケイティ・ペリーやカニエ・ウェスト(&妻のキム・カーダシアン)との確執もあり、優等生テイラーのイメージにもやや陰りが…。


 


④ アヴィーチー、ラストツアーで遂に来日

つ、つ、ついに来たアヴィーチー!!! 3度にわたるドタキャンを経て、4度目の正直! 遂に初来日公演を6月に敢行。

同時に、ツアーからの引退宣言もしちゃったので、もしや見納めかも?

とはいえ2017年はニュー・アルバムのリリースなども予定されているようなので、彼の心変わりを期待したいですね。


⑤ トロピカル旋風吹き荒れる中、カイゴ来日

トロピカル王子ことカイゴが『ULTRA JAPAN 2016』で初来日。デビューアルバム『Cloud Nine』を引っさげて、トロピカルハウスを広く伝授。

英米のヒットチャートも、シーア、リアーナ、フィフス・ハーモニーからマルーン5にジャスティン・ビーバーまで、トロピカル旋風が吹き荒れました。


⑥ ジャスティン・ビーバー来日中にこっそりデート

トロピカルサウンドで男を上げたジャスティン・ビーバーも8月に来日公演を敢行。その際に一緒に連れてきたのが、ニコール・リッチーの妹(つまりライオネル・リッチーの娘さん)のソフィア・リッチー、来日時は17歳。

一方のジャスティンはといえば22歳。う〜ん、釈明会見しなく大丈夫なんでしょうか(笑)。

ジャスティンは、メジャー・レイザーやDJスネイクのヒット曲にもボーカルを提供して、音楽活動は絶好調。でも私生活は相変わらずトラブル続きのようで、とうとうツイッターも辞めちゃったようです。

ジャスティンとソフィアは明治神宮を観光したり、なぜだか上野公園でアヒル(白鳥?)ボートに乗ったりも。


⑦ デヴィッド・ゲッタのイビサの豪邸に不審者!しかも2度目!!

デヴィッド・ゲッタのイビサの豪邸マンションにナイフを持った男が侵入。

すぐさま逮捕されたものの、この不審者がこのデヴィッド・ゲッタの別荘に侵入して捕まったのは、これで2回目!

金品目当て?それともゲッタ様の熱烈ファン?


⑧ ポール・ヴァン・ダイクがステージから転落して大怪我

ベテランDJ、ポール・ヴァン・ダイクがオランダのユトレヒトで開催されていた『A State Of Trance Festival』のパフォーマンス中にステージから転落、椎骨を骨折する重症に。

このフェスの主宰者でもあるアーミン・ヴァン・ブーレンはその後のパフォーマンスをキャンセル。アーミンは「これまでのキャリアで一番辛い事件だった」と振り返っているほどショックは大きかった様子。

ポールは幸い一命を取り留めて、3ヶ月後には完治とはいかないものの何とか現場に復帰。ステージから6メートルも落下したそうです。
 

⑨ スポティファイ日本上陸

音楽ストリーミングサービスの黒船、スポティファイが、ついに日本上陸。

各社出揃ったストリーミングサービスはもちろん、レコード会社やダウンロードサイト、CDショップやレンタルショップ、日本の音楽業界全体が、けんけんごうごう(大騒ぎ)。

これで音楽の聴き方が一気に変わるかも?

⑩ 日本にもEDMブームが到来

NTTデータは「イマツイ」がツイッター全量データから分析した2016年の音楽トレンドは“EDM”だったと発表。

ここ数年じわじわと来ていたのが、2015年の年末から倍増、“2016年に入って本格的なムーブメントが到来”だそうです。

『electrox』『ULTRA JAPAN』はもちろん、『Electric Zoo Beach』『MUSIC CIRCUS』『Sensation』などなど、どんどん増えてきたEDMフェスの影響力も大きそうですね。

こうして振り返ると、日本でもEDMシーンが、ますます盛り上がってきたのが実感できますよね。

この記事に興味を持ったらEDMをライフスタイルとして提案する総合ポータルサイト「EDM MAXX」をチェックしてみよう! http://edmmaxx.com

Text by EDM MAXX編集部

 
イベント情報
EDC Japan 2017
日程︓2017年4月29日(土・祝)・30日(日)の2日間
場所︓ZOZO マリンスタジアム&幕張海浜公園・EDC特設会場
時間︓10時開場、11時開演予定

■チケット料⾦ 
受付期間:2017 年1 月23 日(月)12:00 ~ 2 月6 日(月)18:00(日本時間)
1 日券 14,000 円(税込/ブロック指定)
2 日通し券 26,000 円(税込/ブロック指定)
VIP 1 日券 33,000 円(税込/ブロック指定)
VIP 2 日通し券 60,000 円(税込/ブロック指定)
★VIP 特典:(専用ライブ・ビューイング・エリア他)
※その他の特典は後日公式WEB サイトでご案内いたします。
■受付URL
EDC オフィシャル第2 弾抽選先行予約受付(国内)URL:http://eplus.jp/edc/
EDC オフィシャル先着先行予約受付(海外)URL:http://eplus.jp/inb/edc/



■注意事項
※18 歳以上入場可、VIP は20 歳未満入場不可。
※入場時ID チェック有り。必ず顔写真付き身分証明書をご持参ください。
※アルコール飲料購入ご希望の方はID チェックブースにて顔写真付き身分証明書のチェックがござい
ます。チェック後リストバンドを装着していただきます。
※雨天決行、荒天中止。
※各ステージの入場制限を行うことがあります。
※出演アーティストおよび出演ステージ変更によるチケットの払い戻しは致しません。
シェア / 保存先を選択