デジタルネイティブの芸術家、オースティン・リーの個展がカイカイキキギャラリーにて開催

SPICER
Eyes, 2017 Acrylic on canvas, 1,828.8 x 914.4mm  Courtesy of Kaikai Kiki Gallery

Eyes, 2017 Acrylic on canvas, 1,828.8 x 914.4mm Courtesy of Kaikai Kiki Gallery

画像を全て表示(4件)

オースティン・リーの日本初となる個展が、2017年3月3日(金)~3月30日(木)にかけてカイカイキキギャラリーにて開催される。

オースティン・リーは、ピクセルデータをペインティングに移行して表現する“デジタルネイティブ”の作家。iPadを使ったデジタルスケッチからスタートされる作品からは、落書きのような輪郭、フラットなグラフィックライン、2次元と3次元が共存する構図といった現代的な表現がみられる。

Brush 2017 Acrylic on canvas 1,828.8 x 2,438.4mm  Courtesy of Kaikai Kiki Gallery

Brush 2017 Acrylic on canvas 1,828.8 x 2,438.4mm Courtesy of Kaikai Kiki Gallery

Mr. Austin 2017 Acrylic on canvas 2,032 x 2,032mm  Courtesy of Kaikai Kiki Gallery

Mr. Austin 2017 Acrylic on canvas 2,032 x 2,032mm Courtesy of Kaikai Kiki Gallery

彼は、「ペインティングすることより、Photoshopを使ってきた時間の方がずっと長いと思う。だから何か問題があったときにPhotoshopでそれを解決するっていうのは、僕にとってごく自然なことなんだ」と語る。そんな彼の作品からは、バーチャルと実体の間をさまよう現代人のアイデンティティを見出すことができるだろう。

Pal 2017 Acrylic on canvas 2,133.6 x 1,524 mm  Courtesy of Kaikai Kiki Gallery

Pal 2017 Acrylic on canvas 2,133.6 x 1,524 mm Courtesy of Kaikai Kiki Gallery

 

村上さんは、私と私の作品に対して、とてつもなく大きな影響を与えました。
そんな彼のギャラリーで展覧会ができるのは、大変な栄誉です。
このことにより、私は現在・過去・未来の作家と私がどのような関係にあるのか、について考えるようになりました。
今回の展覧会は、そんな私の思考にいくつかの考えを足した結果です。

―絵を作ることは、多くの行動と思考を伴う。
絵を見ることは、よく鑑賞し思考することである。
つまり、絵は、世界とそこにいる人々を投影する思考の媒介物である。

Austin Lee

 

イベント情報
オースティン・リー個展『Serious Works』

日程:2017年3月3日(金)~3月30日(木) ※初日18:00よりレセプションを開催
時間:Open: 11:00-19:00 / Closed: 日、月、祝
場所:Kaikai Kiki Gallery 東京都港区元麻布2-3-30 元麻布クレストビルB1
http://gallery-kaikaikiki.com/category/exhibitions/serious-works/
シェア / 保存先を選択