第59回グラミー賞の受賞者が発表で吹きあれたアデル旋風

コラム
2017.2.14

アメリカ音楽シーンの最高の栄誉とうたわれるグラミー賞授賞式が2017年2月12日(日)ロスアンジェルスのステイプルズ・センターで行われた。

1年間の音楽シーンを総括する賞として世界中の目が注がれるグラミー賞だが、今年の第59回目は、とにかくアデル旋風が吹き荒れたと言っていいだろう。

アデルは、最優秀レコード賞(Record Of The Year)、最優秀アルバム賞(Album Of The Year)、最優秀楽曲賞(Song Of The Year)という主要4部門中の3部門を制し、ノミネートされていた5部門すべてで受賞するという快挙を成し遂げた。

授賞式自体がアデルのパフォーマンスで幕を開け(奇しくも、賞を総なめした「Hello」が今年のグラミーのオープニングナンバーだった)、それのみならず、ショウ半ばでのジョージ・マイケル・トリビュートでも2回目のパフォーマンスを行い「ファスト・ラブ」を歌ったが、演奏を一旦止めて歌い直すというハプニングもあったもののこのトリビュートのステージは、今年のグラミーの山場の一つであったことは確かだ。

そのアデルに負けず、パフォーマンスの面で強い印象を与えたのは、今やアメリカを代表するエンターテナーともいえるブルーノ・マーズだった。自身の楽曲を演奏したステージはもちろんのこと、サプライズで出演したプリンス・トリビュートのステージでは、プリンスが蘇ったかと見まがういで立ちでギターをかき鳴らし、強い印象を残した。

それ以外にも見所は多く、初のイギリス人の司会となるジェームズ・コーデンも見どころといえただろう。5年もの間グラミーの司会を務めたL.L.クールJに代わって今年の司会になったのは、「カープールカラオケ」で一躍有名になったジェームズで、大方の期待通りに「カープールカラオケ」のパロディのコーナーが設けられ、ニール・ダイアモンドの「スィート・キャロライン」をジェニファー・ロペス、ジョン・レジェンド、キース・アーヴァンなどが歌い、会場中が大合唱となった。

また、大統領選後初の授賞式となった今年は、グラミー賞のプロデューサーが、受賞者が受賞スピーチで政治的発言をしてもいいと事前表明しており、ベストR&Bパフォーマンスを受賞したビヨンセはスピーチにおいてホワイトハウスの動向に言及したが、予想されたより、受賞のスピーチやパフォーマンスで政治的なメッセージが伝えられることは多くなかった印象だった。

受賞の内容として印象的なものも多く、昨年亡くなったデヴィッド・ボウイは、最優秀ロックソングも含む5部門で受賞し、音楽部門では以外にも初のグラミー賞受賞となった(今までは、最優秀ビデオ賞などを受賞していた)。

最優秀ラップ・アルバムに輝いたチャンス・ザ・ラッパーのアルバム『Coloring Book』は、ストリーミング配信のみでリリースされた作品でグラミー賞を受賞した初のアルバムとなった。グラミーという名称が蓄音機を表す「グラモフォン」という単語を語源としており、トロフィーも蓄音機をかたどったものであることは有名だが、遂にフィジカルが存在しない作品がグラミーを獲得することとなった。このチャンス・ザ・ラッパーは、5部門にノミネートで、最優秀ラップ・アルバム、最優秀新人、最優秀ラップ・パフォーマンスの3部門を受賞している。

気になる日本人候補者の結果は、最優秀リミックス・レコーディングにノミネートされたstarRoと、最優秀スコア・サウンドトラック・アルバムにノミネートされていた坂本龍一の2人は惜しくも受賞を逃した(ちなみに、坂本龍一はジョン・ウィリアムスの「スターウォーズ/フォースの覚醒」に敗れた。)ものの、ピアニストの内田光子の参加したアルバムがクラシック部門最優秀ソロ・ボーカル・アルバム賞を受賞。内田光子は今回で2度目のグラミーに輝いた。

 

駆け足で今年のグラミー賞の授賞式と受賞者を振り返ってきたが、ビヨンセなどの、ほかに強い印象を残したアーティストの詳細を加えた続報をお届けします。

 

第59回グラミー賞受賞者

1.最優秀レコード賞(Record Of The Year)



アデル “Hello”
ビヨンセ “Formation”
ルーカス・グラハム “7 Years”
リアーナfeat.ドレイク “Work”
トゥエンティ・ワン・パイロッツ “Stressed Out”

2.最優秀アルバム賞(Album Of The Year)
アデル『25』
ビヨンセ『レモネード』
ジャスティン・ビーバー『パーパス』
ドレイク『ヴューズ』
スタージル・シンプソン『ア・セイラーズ・ガイド・トゥ・アース』

3. 最優秀楽曲賞(Song Of The Year)
アデル“Hello” 
ビヨンセ“Formation”
ジャスティン・ビーバー“Love Yourself”
ルーカス・グラハム“7 Years”
マイク・ポズナー“I Took A Pill In Ibiza”

4. 最優秀新人賞(Best New Artist)

チャンス・ザ・ラッパー
ケルシー・バレリーニ
ザ・チェインスモーカーズ
マレン・モリス
アンダーソン・パーク

 

主要4部門以外の全受賞者は以下の通り。

 

Urban Contemporary Album: Lemonade, Beyonce

Country Solo Performance: "My Church," Maren Morris

Rock Song: "Blackstar," David Bowie

Pop Duo/Group Performance: "Stressed Out," Twenty One Pilots

Best New Artist: Chance the Rapper

Pop Solo Performance: "Hello," Adele

Traditional Pop Vocal Album: "Summertime: Willie Nelson Sings Gershwin," Willie Nelson

Pop Vocal Album: "25," Adele

Dance Recording: "Don’t Let Me Down," The Chainsmokers Featuring Daya

Dance/Electronic Album: "Skin," Flume

Contemporary Instrumental Album: "Culcha Vulcha," Snarky Puppy

Rock Performance: "Blackstar," David Bowie

Metal Performance: "Dystopia," Megadeth

Rock Album: "Tell Me I’m Pretty," Cage the Elephant

Alternative Music Album: "Blackstar," David Bowie

R&B Performance: "Cranes in the Sky," Solange

Traditional R&B Performance: "Angel, Lalah Hathaway

R&B Song: "Lake By the Ocean," Hod David & Musze, songwriters (Maxwell)

R&B Album: "Lalah Hathaway Live," Lalah Hathaway

Rap Performance: "No Problem," Chance the Rapper Featuring Lil Wayne & 2 Chainz

Rap/Sung Performance: "Hotline Bling," Drake

Rap Song: "Hotline Bling," Aubrey Graham & Paul Jefferies, songwriters (Drake)

Best Latin Pop Album: Jesse & Joy, Un Besito Mas

Best Country Album: Sturgill Simpson, A Sailor's Guide to Earth

Best Country Song: Tim McGraw, "Humble and Kind"

Best Country Duo/Group Performance: Pentatonix, "Jolene (feat. Dolly Parton)"

Best Roots Gospel Album: Joey+Rory, Hymns

Best Large Jazz Ensemble Album: Ted Nash Big Band, Presidential Suite: Eight Variations on Freedom

Best Jazz Instrumental Album: John Scofield, Country for Old Men

Best Jazz Vocal Album: Gregory Porter, Take Me to the Alley

Best Improvised Jazz Solo: John Scofield, "I'm So Lonesome I Could Cry"

Best Contemporary Instrumental Album: Snarky Puppy, Culcha Vulcha

Best Chamber Music/Small Ensemble Performance: Third Coast Percussion, "Steve Reich"

Best Dance Recording: The Chainsmokers, "Don't Let Me Down (feat. Daya)"

Best New Age Album: White Sun, White Sun II

Best Gospel Performance/Song: Tamela Mann, "God Provides"

Best Contemporary Christian Music Performance/Song: Hillary Scott & The Scott Family, "Thy Will"

Best Gospel Album: Kirk Franklin, Losing My Religion

Best Contemporary Christian Music Album: Hillary Scott & The Scott Family, Love Remains

Best World Music Album: Yo-Yo Ma and The Silk Road Ensemble, Sing Me Home

Best Children's Album: Secret Agent 23 Skidoo, Infinity Plus One

Best Spoken Word Album: Carol Burnett, In Such Good Company: Eleven Years Of Laughter, Mayhem and Fun in the Sandbox

Best Musical Theater Album: The Color Purple

Best Compilation Soundtrack for Visual Media: Miles Ahead

Best Score Soundtrack for Visual Media: John Williams, Star Wars: The Force Awakens

Best Song Written for Visual Media: Justin Timberlake, "Can't Stop the Feeling!"

Best Instrumental Composition: Ted Nash, "Spoken at Midnight"

Best Arrangement, Instrumental or A Cappella: Jacob Collier, "You and I"

Best Arrangement, Instruments and Vocals: Jacob Collier, "Flintstones"

Best Recording Package: David Bowie, Blackstar

Best Boxed or Special Limited Edition Package: Edith Piaf, Edith Piaf 1915-2015

Best Album Notes: Eubie Blake and Noble Sissle, Sissle and Blake Sing Shuffle Along

Best Historical Album: Bob Dylan, The Cutting Edge 1965-1966: The Bootleg Series, Vol.12 (Collector's Edition)

Best Engineered Album, Non-Classical: David Bowie, Blackstar

Best Remixed Recording: Bob Moses, "Tearing Me Up (RAC Remix)"

Best Surround Sound Album: Ludovic Morlot & Seattle Symphony, Dutilleux: Sur Le Même Accord; Les Citations; Mystère De L'instant & Timbres, Espace, Mouvement

Best Engineered Album, Classical: Mark Donahue and Fred Vogler, Corigliano: The Ghosts of Versailles

Producer of the Year, Classical: David Frost

Best Orchestral Performance: Boston Symphony Orchestra, "Shostakovich: Under Stalin's Shadow - Symphonies Nos. 5, 8 & 9"

Best Music Video: Beyoncé, "Formation"

Best Music Film: The Beatles, The Beatles: Eight Days a Week the Touring Years

MusiCares Person of the Year: Tom Petty

シェア / 保存先を選択