蜷川幸雄一周忌追悼公演『NINAGAWA・マクベス』さいたま・香港・英国公演の詳細が決定

SPICER


2016年5月に他界した蜷川幸雄の代表作『NINAGAWA・マクベス』の2015年版プロダクションが、今年2017年7月に、彩の国さいたま芸術劇場 大ホールで再演される(8月には佐賀県鳥栖市でも上演)。あわせて、日本に先だつ6月に香港公演、そして10月にはイギリス公演、さらにシンガポール公演も予定されている。このほど、公演詳細が発表された。

左/マクベス市村正親 右/マクベス夫人田中裕子(撮影:渡部孝弘)

左/マクベス市村正親 右/マクベス夫人田中裕子(撮影:渡部孝弘)

『NINAGAWA・マクベス』は1980年初演。日本文化とシェイクスピアを結びつけ、その普遍性を鮮やかに示した、日本のシェイクスピア上演史に燦然と名を残す傑作として名高い。シェイクスピアの台詞と人物設定はそのままに、時代を日本の安土桃山時代に移し替え、血塗られた野望と運命の悲劇をあざやかにうつし出す。巨大な仏壇の中で、現在・過去・未来が交錯する。人間・人生の喜び、憂い、儚さ、狂気をよりドラマティックに描く。

巨大な仏壇のセット(撮影:渡部孝弘)

巨大な仏壇のセット(撮影:渡部孝弘)

マクベス市村正親(撮影:清田正剛)

マクベス市村正親(撮影:清田正剛)

2015年秋、17年ぶりに本作が上演されるやいなや、世界各地からの上演オファーが相次いだ。誰よりも蜷川が、この作品で海外公演に行くことを心から楽しみにしていた。しかし、2016年5月に他界。海外のオファー元からは「亡くなったからといって公演をやめないで欲しい。追悼公演という形にしたい」という打診が改めて寄せられ、今回の「蜷川幸雄一周忌追悼公演」としての上演が決定したという。

(左から)マクベス:市村正親/魔女:清家栄一・中村京蔵・神山大和 (撮影:渡部孝弘)

(左から)マクベス:市村正親/魔女:清家栄一・中村京蔵・神山大和 (撮影:渡部孝弘)

桜の木の下のマクベス 市村正親(撮影:清田正剛)

桜の木の下のマクベス 市村正親(撮影:清田正剛)

公演には蜷川のレガシーを受け継いだマクベス役の市村正親、マクベス夫人役の田中裕子、そのほか蜷川組のキャストと蜷川とともに時代を創ってきたスタッフたちが参加する。市村、田中のコメントからは、次のコメントが届いた。

市村正親
稽古では幾多のダメ出しを受けて、公演に入り、最後、台本にサインをお願いしたら、「頑張った。蜷川幸雄」と書いてくれました。これからも自分が演じる背景には、常に蜷川さんの魂が傍にいるような気がします。『NINAGAWA・マクベス』で海外公演に一緒に行けないのは無念だけど蜷川魂をこの胸に抱き、乗り込みたいと思っています。マクベスを本場ロンドンでというとプレッシャーは普通なら感じるでしょうが、僕には二-ナがついている。胸を張って乗り込みたいと思っています!

田中裕子
『NINAGAWA・マクベス』の稽古場で蜷川さんは「忘れないで。僕はいつもここに居るから。ここから見てるから」と、おっしゃいました。あの稽古場でまた稽古を積み直し、市村さんのもと皆で、2017年の再演に向かいます。楽しみにしていらしたイギリス公演にも、蜷川さんと一緒に挑みたいと思います。

妹尾河童氏の障壁画(撮影:渡部孝弘)

妹尾河童氏の障壁画(撮影:渡部孝弘)

公演情報
蜷川幸雄一周忌追悼公演『NINAGAWA・マクベス』
 
■作:ウィリアム・シェイクスピア
■演出:蜷川幸雄
■主催:公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団 ホリプロ
■オフィシャルエアライン:ANA
■イギリス公演共催:国際交流基金

 
 
■キャスト:
マクベス 市村正親
マクベス夫人 田中裕子
バンクォー 辻萬長
マクダフ 大石継太
ダンカン王 瑳川哲朗
門番 石井愃一
魔女1 中村京蔵
老人/シーワード 青山達三
マルカム 竪
山隼太(さいたまネクスト・シアター)
魔女2 清家栄一
ロス 間宮啓行
アンガス 手塚秀彰
医者 飯田邦博
貴族 塚本幸男
魔女3 神山大和
侍女 景山仁美
レノックス 堀文明
老女 羽子田洋子
老女 加藤弓美子
暗殺者 堀源起(さいたまネクスト・シアター)
マクダフ夫人 周本絵梨香(さいたまネクスト・シアター)
メンティース・王 手打隆盛(さいたまネクスト・シアター)
ドナルベーン/小シーワード 秋元龍太朗
フリーアンス 市川理矩
シートン 白川大(さいたまネクスト・シアター)
使者 續木淳平(さいたまネクスト・シアター)
ケースネス 鈴木真之介(さいたまネクスト・シアター)
使者 髙橋英希(さいたまネクスト・シアター)
使者 後田真欧
暗殺者2 五味良介
召使い 西村聡
召使い 岡本大地
マクダフ息子 牧純矢(Wキャスト)
マクダフ息子 山崎光(Wキャスト)
※配役は稽古に入った段階で変更する場合あり
[[embedmedia 7]

■会場&日程:
 
【香港】
Grand Theatre, Hong Kong Cultural Centre
(10 Salisbury Road, Tsim Sha Tsui, Kowloon, Hong Kong)
6月23日(金)~25日(日)
◆チケット前売日:2月23日(木) 
◆問合せ先:
・公演について:(852)-2268-7325
・チケットについて:(852)-3761-6661
・電話予約(クレジットカード販売):(852)-2111 5999
・インターネット予約:www.urbtix.hk 
◆ウェブサイト:www.lcsd.gov.hk/cp

 
【日本】
埼玉/彩の国さいたま芸術劇場 大ホール
◆公演日:7月13日(木)~ 29日(土)
◆チケット前売日:4月22日(土) 
◆チケット料金:S席¥12,000- A席¥9,000-
◆問合せ先:ホリプロチケットセンター 03-3490-4949 
◆ウェブサイト:http://hpot.jp/

 
佐賀/鳥栖市民文化会館 大ホール
◆公演日:8月5日(土)~6日(日)

 
【イギリス】
ロンドン/Barbican Theatre 10月5日(木)~8日(日)
プリマス/Theatre Royal Plymouth 10月13日(金)~14日(土)

 
【シンガポール】
シンガポール公演予定

 
シェア / 保存先を選択