1stアルバム『パトスとエートス』をライブで鮮やかに再現・再構築――Brian the Sunが大阪のステージで見せたもの

SPICER
Brian the Sun 撮影=渡邉 一生

Brian the Sun 撮影=渡邉 一生

画像を全て表示(6件)

『パトスとエートス』リリース記念スペシャルLIVE 大阪 2017.2.17 Music Club JANUS

昨年6月にシングル「HEROES」でメジャーデビューを果たしたBrian the Sunが、待望のメジャー1stアルバム『パトスとエートス』を今年1月11日(水)にリリースした。これを記念し、同作をライブで再現するスペシャルライブを東京と大阪で開催。2月17日(金)に行われた大阪のステージの様子をレポートする。

Brian the Sun 撮影=渡邉 一生

Brian the Sun 撮影=渡邉 一生

今回のステージは通常と異なり、最新アルバム『パトスとエートス』の世界をライブで体現するもの。同作に収められた曲を収録順に披露するという構成だ。会場は同作購入者から抽選で選ばれたファンと一般客で満員状態。開演前から特別なステージへの期待であふれる。そんななか、CD同様に「Impromptu」からゆったり滑り出すようにライブはスタート。まさにディスクをプレーヤーに入れ再生させる時にも似た、じっくりと作品に向き合うような緊張感が漂い、観客はじっと息をひそめるように聴き入る。しかし「リリースパーティへようこそ!」という小川(Gt)の言葉から、いよいよテンポアップして「Physalia」へと進むと、刻むドラムとギター、不敵なボーカルに心地よく刺激され、会場は観客の伸ばされた手で埋め尽くされる。そして勢いそのままに早くもタイトルチューン「パトスとエートス」へ。一緒に踊って歌いたくなるキャッチーなサビでは、ここが楽しみどころ!とばかりに、全員でハンズアップ。フロアに熱をもたらす。

Brian the Sun 撮影=渡邉 一生

Brian the Sun 撮影=渡邉 一生

と、ここはMCでクールダウン。「こういうの(リリースパーティー)初めてなんです」と、今回のいきさつをキラキラ感さえ漂わせ、まじめに語る白山(Ba)に対して、森(Vo&G)が安定のいじりを見せながら進む。その様子からは、いつものように笑わせてくれるのはもちろん、変わらない4人が感じられ、古くからのファンはどこかホッとさせられたことだろう。さらに森独特のシニカルさが頼もしい「10年のキャリアを一瞬で崩してしまった曲をやりましょう(笑)」の言葉でメジャー第一弾シングルとなった「HEROES」へ。もちろんこれには、ファンも大盛り上がり。曲自体が聴き手のなかで成長していることを感じさせ、森の言わんとするところも伝わってきた。

森良太(Vo/Gt)

森良太(Vo/Gt)

さらに前進する力をはらんだ「Cold Ash」でバンドの歩みを曲で伝えると、今度は「Maybe」でスイートな一面を。アルバムが多面的な魅力を詰め込んだものであることをライブで再認識する。畳み掛けるように次はピアノとベースがどこか怪しげな「アイロニックスター」。繊細さも漂わせたものの、直後のMCでは再び白山いじりで観客をニヤリとさせ、緩急をつけてステージを見せてくれる。さらに森の「明日、あいつ殺したろ!って曲です」というドキッとさせられるひと言から「Mitsuhide」へ。衝動が濃縮したライブ映えするナンバーだけに音源以上の爽快感が突き抜ける。森と小川のギターの掛け合いも生々しく聴きごたえも十分だ。

森良太(Vo/Gt)(写真左)、小川真司(Gt)(写真右)

森良太(Vo/Gt)(写真左)、小川真司(Gt)(写真右)

そのムードを加速させるように、次は変則的に展開し、ふてぶてしささえ醸し出す「Hi-Lite」。4人の音楽により腹の底に火を付けられたようなゾクゾクした気分になったところで、ラスト1曲前の「Cloudy#2」でアルバムの最高潮の流れと同様にライブも山場。何かに背中を押されるかのような圧力を放つ。そしてラストは「月の子供」。美しいピアノの音色が心を落ち着かせるように、そして余韻をたっぷり残して、『パトスとエートス』の全11曲を静かに締めくくった。

Brian the Sun 撮影=渡邉 一生

Brian the Sun 撮影=渡邉 一生

だが、バンドの地元・大阪のファンはこれで帰るわけがない。しっかりおねだりのアンコール。もちろんその期待に応え4人はおなじみの「白い部屋」をプレイし、さらに胸を締め付けてスペシャルライブを終了した。アンコールでの「たぶんツアーではこれの倍くらいやるんで遊びに来てください」という白山の言葉どおり、もうひと騒ぎは間もなく始まるツアーで。『TOUR 2017『パトスとエートス』』をお見逃しなく!


レポート・文=服田昌子 撮影=渡邉 一生

ツアー情報
Brian the Sun TOUR 2017 「パトスとエートス」
3月3日(金)仙台enn2nd【ワンマン】
3月12日(日)名古屋SPADE BOX【ワンマン】
3月25日(土)京都KYOTO MUSE
3月26日(日)神戸Varit.
3月31日(金)高松DIME
4月1日(土)岡山IMAGE
4月4日(火)札幌COLONY
4月7日(金)横浜BAYSIS
4月11日(火)宮崎SR BOX
4月12日(水)鹿児島SR HALL
4月22日(土)金沢vanvanV4【ワンマン】
4月23日(日)富山SOUL POWER
4月30日(日)新潟CLUB RIVERST【ワンマン】
5月6日(土)梅田CLUB QUATTRO【ワンマン】
5月12日(金)広島BACK BEAT【ワンマン】
5月21日(日)福岡BEAT STATION【ワンマン】
5月27日(土)東京LIQUIDROOM【ワンマン】

 
シェア / 保存先を選択