桐山漣が主演ドラマ『CODE:M コードネームミラージュ』で近接格闘術を披露も『HiGH&LOW』山口雄大氏&辻本貴則氏も監督で参戦

SPICER
桐山 漣

桐山 漣

画像を全て表示(4件)

4月から連続ドラマ『CODE:M コードネームミラージュ』がテレビ東京系で放送されることが決定。桐山漣(※漣のしんにょうは点1つ)ら主要キャストが発表されている。

『CODE:Mコードネームミラージュ』は、『サクラ大戦』シリーズ、『魔神英雄伝ワタル』シリーズなどを手掛けた広井王子氏の原案による完全オリジナル作品。劇中には、最新CGを駆使したAIカーやガジェットも登場し、核となるアクションシーンには近接格闘術とガンアクションを取り入れているという。

主人公の森山真一/ミラージュを演じるのは、連続ドラマ『傘をもたない蟻たちは』や映画『新宿スワンⅡ』にも出演中の桐山漣。警察庁公安特殊課課長/K13の御崎蔵人を要潤が演じ、コスプレ的でキュートな衣装で登場する天才ハッカー・木暮美佳子/ドブネズミ役で佐野ひなこが出演。さらに、人工知能搭載作戦車両・ロビンの声を朴璐美が担当する。また、ロビンを整備する自動車整備工場の経営者・鐘ヶ淵役で萩原聖人、警察庁警備局局長役で石丸謙二郎、物語の重要な展開を握る謎の実業家役で武田真治が出演する。

 

佐野ひなこ

佐野ひなこ

武田真治

武田真治


なお、監督には『HiGH&LOW RED RAIN』の山口雄大氏、ドラマ『HiGH&LOW』やフルCG長編アニメ『バイオハザード:ヴェンデッタ』の辻本貴則氏など、アクションに定評のあるクリエイターが名を連ねている。

連続ドラマ『CODE:M コードネームミラージュ』は、4月7日(金)深夜1時23分よりテレビ東京ほかにて放送スタート。

番組情報
連続ドラマ『CODE:M コードネームミラージュ』
出演:桐山漣 要潤 佐野ひなこ 武田真治 萩原聖人 石丸謙二郎 / 朴璐美(声の出演)
企画:東北新社 原作:広井王子 脚本:江良至、鴨義信、保坂大輔
監督:山口雄大、渋谷和行、辻本貴則、原桂之介、金子功
製作:東北新社、サンセイアールアンドディ
(C)2017広井王子/「コードネームミラージュ」製作委員会
http://code-mirage.jp/

 

シェア / 保存先を選択