天皇杯全日本サッカー選手権大会 メインビジュアルに『GIANT KILLING』のジーノを起用

ニュース
2017.3.30

サッカー日本一を決める、第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会が、4月22日(土)より全国各地で開催される。

本大会を盛り上げるメインビジュアルが、人気サッカー漫画『GIANT KILLING』の作者ツジトモによる描き下ろしイラストに決定した。3大会連続となる『GIANT KILLING』を使用した今大会のメインビジュアルには、第95回大会の達海猛監督、前回大会の椿大介に続き、チームの攻撃の要であるジーノ(ルイジ吉田)を起用している。

一発勝負のカップ戦である天皇杯の醍醐味である「ジャイアント・キリング」。漫画のコンセプトと合致して完成したメインビジュアルが今大会を盛り上げてくれることだろう。

 

公演情報
第97回 天皇杯全日本サッカー選手権大会

1回戦:4月22日(土)~4月23日(日)
2回戦:6月21日(水)
3回戦:7月12日(水)
ラウンド16(4回戦):9月20日(水)
準々決勝:10月25日(水)
準決勝:12月23日(土・祝)
決勝:2018年1月1日(月・祝)

 
書籍情報
GIANT KILLING

弱小プロサッカークラブ【ETU イースト・トーキョー・ユナイテッド】の監督を主人公として、タイトル通り「番狂わせの大物喰い=ジャイアント・キリング」を 描いたサッカー漫画。2007年6号から『モーニング』(講談社)にて連載されている。
ポップ&ソリッドな絵と演出で、プロ野球選手のリアルを描き出した読み切り作品『スリーストライクス』で、連載開始前からコアなファンを獲得していた漫画家、ツジトモ。原案を務めたのは、アトランタオリンピック世代のプロサッカー選手のリアルを描きサッカーフリークスの熱い支持を得た『U-31』の原作者、 綱本将也。
シェア / 保存先を選択