『ひだまり』『まどか☆マギカ』の蒼樹うめ、上野の森美術館で初個展

『蒼樹うめ展』が、10月3日から東京・上野の森美術館で開催される。

蒼樹うめは、漫画『ひだまりスケッチ』や、アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』のキャラクター原案を手掛けたほか、同人サークル「apricot+」の主宰を務めていることで知られる漫画家・イラストレーター。

蒼樹にとって初個展となる同展では、描き下ろし作品が多数展示されるほか、初公開の設定資料やデザイン画が創作秘話や裏話と共に公開される。さらに、幼い頃の創作物やデビュー前の作品、愛用品や描き下ろし作品のメイキング映像なども展示。蒼樹がこれまでに手掛けた様々な仕事を振り返ると共に、キャラクター作りの秘密や作品の魅力が紹介される。

また、会場では『ひだまりスケッチ』の主人公・ゆのの部屋と蒼樹の仕事場が再現されるほか、蒼樹が考案した“ゆのの絵描き歌”も公開。さらに会期中には蒼樹によるサイン会やドローイングイベントも開催される。各イベントの詳細は、オフィシャルサイトの続報を待とう。

イベント情報

『蒼樹うめ展』

2015年10月3日(土)~10月12日(月・祝)
会場:東京都 上野の森美術館
時間:10:00~17:00(入場は閉館の30分前まで)
料金:一般・大学生1,000円 中・高校生600円
※小学生以下無料
※障がい者手帳をお持ちの方は無料、その介護者は有料

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択