東京ドーム内にキッズスペース「GIANTS KIDS PARK」が誕生 野球にまつわるミニゲームも

ニュース
イベント/レジャー
2017.4.12

画像を全て表示(3件)

東京ドーム内に小学生以下のお子様を対象にしたキッズスペース「GIANTS KIDS PARK」が3月31日(金)より誕生した。

このスペースは、小さな子どもを連れたお客様が、野球観戦以外にも楽しめる場所として設けられたもの。ボールを投げたり打ったりと、球場ならではの遊びができるスペースで、開幕3連戦となった中日戦でも多くの家族連れが利用した。

キッズスペースの新設について、自身も3児の父である村田修一選手は「東京ドーム内に、子どもが遊べるスペースができうれしいです。小さな子どもを持つ親御さんも東京ドームにご来場いただき、家族みんなで楽しんでください。そこで遊びすぎて野球の試合を観ることを忘れずに、僕たちを応援してくださいね」とコメントした。

施設情報
GIANTS KIDS PARK

【設置場所】
東京ドーム内、1階コンコース1塁側奥の特設スペース
【設置内容】
■ふわふわバッティング
対象年齢:小学生まで
柔らかいバット・ボールを使ってティーバッティングができます。

「ふわふわバッティング」

「ふわふわバッティング」

■光るボールプール
対象年齢:小学校低学年まで
LEDを床に設置し、光って見える6000個のボールを投げて遊ぶことができます。壁面の画面に映るジャビットめがけてボールを投げて遊んでください。

「光るボールプール」

「光るボールプール」


※どちらの施設も6歳未満のお子様が参加される際は、必ず保護者の方が同伴してください。
【入場料】
無料
【開設時間】
開場~8回裏終了まで

 

イベント情報
読売ジャイアンツ主催試合

各試合チケット情報はこちらから
シェア / 保存先を選択