フランク・ゲーリーの建築写真展、二川幸夫が遺した作品を展示

『GEHRY×FUTAGAWA展』が、9月19日から東京・北参道のGA galleryで開催される。

スペイン・ビルバオのグッゲンハイム美術館や、フランス・パリのルイ・ヴィトン財団美術館などの設計で知られる建築家フランク・ゲーリーと、2013年に逝去した建築写真家、編集者の二川幸夫。完成したゲーリーによる建物のほぼ全てを訪れて写真に収め、膨大な量のアーカイブを遺した二川は、40年以上にわたってゲーリーとの親交を深めたという。

『GEHRY×FUTAGAWA展』では、二川の捉えたゲーリー建築の写真を展示。大判プリントと高解像度の4Kモニタで、代表作の数々を見ることができる。なお、会場の1階では『STUDY MODELS KAZUYO SEJIMA / RYUE NISHIZAWA / SANAA』が同時開催される。

イベント情報

『GEHRY×FUTAGAWA展』

2015年9月19日(土)~11月3日(火・祝)
会場:東京都 北参道 GA gallery
時間:12:00~18:30
料金:600円
※『STUDY MODELS KAZUYO SEJIMA / RYUE NISHIZAWA / SANAA』展と共通料金
※会期中無休

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択