草刈民代の「ダメな人」演技を監督が絶賛  映画『月と雷』に高良健吾演じる主人公の母親役で出演

SPICER
東原直子役 草刈民代 (C)角田光代/中央公論新社 (C)2017「月と雷」製作委員会

東原直子役 草刈民代 (C)角田光代/中央公論新社 (C)2017「月と雷」製作委員会

10月7日に公開される高良健吾主演の映画『月と雷』に、草刈民代が出演していることがわかった。

『月と雷』は、直木賞作家・角田光代氏の同名小説の実写映画化作。根無し草のような女・直子と息子の智、過去に二人と暮らしていたことがある男のむすめ・泰子の物語を描く。智を高良健吾が演じ、泰子役で初音映莉子が出演。魚喃キリコ原作の漫画『blue』を実写化した安藤尋監督がメガホンをとる。

草刈が演じるのは、智の母親であり、男から男へと流転の人生を歩む直子。昼間から酒を飲み、煙草を吹かし、自由奔放のようでいて深い孤独を漂わせる人物だ。草刈は荒んだ雰囲気を出すため、あえて汚しメイクを施すなどして役に入り込んだという。

キャスト発表を受けた草刈、安藤監督のコメントも発表されている。

草刈民代(東原直子役) 

運命に抗わない人。台本を読んで直感的に感じた直子の印象です。直子はいわゆるダメな人です。「この役、なぜ私に?」と思いました。でも安藤監督とお話をさせていただき、「できる? やってみよう、やってみたい!」と気持ちが動き出しました。今までにお見せしたことのない私の姿が、直子として皆様の目に映れば幸いです。 「泰子」を演じる初音映莉子さんの率直な演技は、この作品を象徴しているものだと思います。そして、高良健吾さんが演じる息子「智」には、撮影初日から母と子として共鳴するものを感じました。 葛藤を抱えながらも健気に生きる泰子の姿から、いつも見落としている何かが掘り起こされるのではないでしょうか。ぜひ多くの方々にご覧いただきたいと思います。

安藤尋監督

草刈さんと初めての顔合わせで、「なぜ、直子役に私を選んだのですか?」と、問われて、「僕の中で、直子は『パリ、テキサス』のハリー・ディーン・スタントンです。彼のように、風景を背負って、スクリーンの中を歩ける女優は草刈さんだけです!」と、緊張マックスで答えました。意味不明な答えに、笑顔で頷いてくれた草刈さんが素敵でした。やっぱり直子はこの人しかいないと確信しました!

映画『月と雷』は10月7日、テアトル新宿ほか全国順次公開。

作品情報
映画『月と雷』 

初音映莉子 高良健吾 藤井武美 黒田大輔 市川由衣 村上 淳 木場勝己 草刈民代
原作:角田光代(中公文庫)
監督:安藤 尋 
脚本:本調有香 
音楽:大友良英 
製作:東映ビデオ 博報堂DYミュージック&ピクチャーズ エー・チーム 日本出版販売 パラダイス・カフェ 
制作プロダクション:アグン・インク 
配給:スールキートス 
【ストーリー】
不意の出会いは ありうるべき未来を 変えてしまうのか 幼少の時に母が家出し、“普通”の家庭を知らぬまま大人になった泰子(ヤスコ)。仕事はスーパーのレジ打ちで、ほとんどは家と 仕事場を往復する日々を過ごしている。刺激に満ちた生活を送っているわけではないが、婚約者も出来、亡くなった父が残してく れた持ち家で暮らし、生活の基盤はしっかりしている。そんなある日、父の愛人の息子・智(サトル)が突然泰子の前に現れたこと によって、大きな喜びはないが小さな不幸もない平板な泰子の生活は立ちどころに変わっていく。
(C)角田光代/中央公論新社 (C)2017「月と雷」製作委員会 
公式ティザーサイト:http://tsukitokaminari.com/
シェア / 保存先を選択