【訃報】俳優・日下武史さん(享年86)

ニュース
2017.5.16
日下武史さん(提供:劇団四季)

日下武史さん(提供:劇団四季)


俳優で、劇団四季の創立メンバーの一人だった日下武史さんが5月15日、静養先のスペインで死去した。死因は、誤嚥性肺炎。享年86。

日下さんは、1931年東京都生まれ。慶應義塾高校在学中より、浅利慶太らとともに劇作家・加藤道夫に師事。慶應義塾大学文学部仏文科在学中の1953年に浅利慶太、吉井澄雄、米村晰、水島弘、藤野節子、井関一ら9人の仲間たちと共に劇団四季を結成、1954年に『アルデール又は聖女』で旗揚げ。以来、ストレートプレイからミュージカルまで、幅広く活躍した。

出演作品は、『エクウス』(マーティン・ダイサート役)、『ヴェニスの商人』(シャイロック役)、『スルース』(アンドリュー・ワイク役)、『鹿鳴館』(影山悠敏伯爵役)、『赤毛のアン』(マシュー・カスバート役)など。声優やナレーターとしても活躍。1961年テレビドラマ『アンタッチャブル』でエリオット・ネス、1986年映画『アマデウス』でアントニオ・サリエリの吹き替えを担当した。

2014年、東京・自由劇場で上演した『思い出を売る男』乞食役での出演が、自身の最後の舞台出演作となった。1991年芸術奨励文部大臣賞、1996年紫綬褒章、2002年勲四等旭日小綬章などを受章。

謹んでお悔やみ申し上げます。

劇団四季ホームページ:http://www.shiki.jp/navi/news/renewinfo/028832.html

 

シェア / 保存先を選択