シシド・カフカが斉藤和義&KenKen迎えZepp Tokyoで熱演

シシド・カフカ K5(Kの累乗)ワンマンライブ「ミディアム・レア」の様子。(撮影:梶田明弘)

シシド・カフカ K5(Kの累乗)ワンマンライブ「ミディアム・レア」の様子。(撮影:梶田明弘)

シシド・カフカが9月5日に東京・Zepp Tokyoでワンマンライブ「ミディアム・レア」を実施した。

この公演はシシドのミニアルバム「K5(Kの累乗)」のリリースを記念したもの。彼女はステージ中央前方に設置されたドラムセットに座り、「K5」のオープニングナンバー「theme」を演奏する。続けて彼女は髪を振り乱しながら「くだらない世の中で」「Miss. ミスミー」とアップテンポのロックナンバーをプレイ。演奏後に拍手を送って盛り上がるオーディエンスへ「アツいね! 最後まで存分に楽しんでいきましょう!」と呼びかけた。

ライブではキーボード奏者2名とギタリスト、ベーシストからなるサポートメンバーが、時おり自分たちの立ち位置付近に設置されたドラムを叩いてシシドのパフォーマンスを支えた。「ラヴコリーダ」の演奏時には彼らがスティックを持ってそれぞれドラムを叩くというシーンも。その間シシドはドラムセットを離れて花道を歩きながら聴衆を煽る。また今月でデビュー3周年だというシシドはMCで「シシド・カフカになってから、夏はライブを楽しんでます」と、充実したアーティスト生活を送っていることをファンに話した。

ライブ後半を迎え、彼女は「K5」でコラボレーションしたKenKenをステージに迎え入れる。KenKenはオーディエンスの歓声を浴びながらゆっくり登場し、シシドやバンドメンバーとツインベース編成で「K5」収録曲「Trans fatty acid」をプレイ。赤や紫のあやしげな照明を浴びながら、低音を響かせるとともに原曲にはないラップを入れて場を盛り上げる。続けて演奏された「無敵のロックスター」ではKenKenが花道に移動し、シシドの刻むリズムに乗せて豪快なモーションでスラップ奏法を披露。アグレッシブなパフォーマンスで聴衆を惹きつけたあとに笑顔でステージを降りた。続いて登場したゲストは斉藤和義。彼は激しい演奏に終始したKenKenとは対照的に、ひょうひょうとした雰囲気でシシドと雑談を行い、コラボレーションナンバー「Don't be love」の共演を行う。彼はシシドのパフォーマンスにしっとりとしたギターの音色とハーモニーを重ねたあと、続けて自身の楽曲「傷口」を歌い上げた。

斉藤の客演後、一旦ステージを離れたシシドはフロア後方から再登場。オーディエンスをかき分けながら花道に登り、ダイナミックなストロークでドラムを叩き「サバイバル」を歌う。彼女は「まだまだ行くよ、ついてきて!」と声を上げ、怒涛のロックチューンを連発。「キケンなふたり」「負けないゲーム」「愛する覚悟」といったアッパーなナンバーで本編を締めくくった。

アンコールではシシドがステージから「初Zepp、とてもいい眺めです。この居心地のよさはみんながいるからでしょうね」と話し、ファンに感謝の気持ちを伝えた。その後彼女は再び斉藤和義を招き「ずっと聴いてきた、大好きなこの曲を」と言って2人で「歩いて帰ろう」をリズミカルに歌う。斉藤が去ったあとは「まだまだみんな盛り上がれる?! まだいける?」と観客に調子を伺い、ラストナンバー「バネのうた」を繰り出した。

シシドは今秋ほぼ毎週末にわたって全国各地のライブイベントに登場。そして2016年のリリースを目指しアルバム制作に入る予定だ。

シシド・カフカ K5(Kの累乗)ワンマンライブ「ミディアム・レア」
2015年9月5日 Zepp Tokyo セットリスト

01. theme
02. くだらないの中で
03. Miss. ミスミー
04. デイドリームライダー
05. Hunger×Anger
06. ラヴコリーダ
07. あの夏、君が見てたモノ
08. 100年ビール
09. 月の輝きかた
10. Trans fatty acid (ゲスト:KenKen)
11. 無敵のロックスター(ゲスト:KenKen)
12. Don't be love(ゲスト:斉藤和義)
13. 傷口(ゲスト:斉藤和義)
14. サバイバル
15. キケンなふたり
16. 負けないゲーム
17. 愛する覚悟
<アンコール>
18. 歩いて帰ろう(ゲスト:斉藤和義)
19. バネのうた

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択