『白猫プロジェクト』を題材にしたカードゲームが発売に 描き下ろしイラストも多数

SPICER

画像を全て表示(4件)

 『白猫プロジェクト トレーディングカードゲーム(以下、 白猫TCG)』が、全国の玩具店、カードショップ、百貨店、量販店などで2017年5月25日(木)に発売が開始された。 価格は、スターター『月と太陽のディスティニー』が1,500円(税抜)、ブースターパック第1弾『冒険への旅立ち』が300円(税抜)となっている。

スターター『月と太陽のディスティニー』

スターター『月と太陽のディスティニー』

ブースターパック第1弾

ブースターパック第1弾

『白猫TCG』は、スマートフォン向けアクションRPG『白猫プロジェクト』を題材にした、2人対戦型のカードゲーム。 プレイヤーは1組50枚のデッキ(カードの束)をつくり、キャラクターを出し合いながら攻撃を仕掛ける。1プレイにかかる時間は10~20分ほどとなっており、カードゲームに初めて触れる人でも気軽に楽しむことができる。

また、カードには描き下ろしイラストを多数使用しており、『白猫プロジェクト』のファンも集めて楽しめるアイテムとなっている。 

ブースターパック第1弾収録の描き下ろしカード・シャルロット

ブースターパック第1弾収録の描き下ろしカード・シャルロット

スターター『月と太陽のディスティニー』には、人気キャラクターのツキミとアマタが中心になったデッキ1個と、 プレイシートやカウンタートークンなどゲームを遊ぶのに必要なものがセットになっている。スターターでルールを覚えたら、1パック8枚入りのブースターで、デッキを強化していくこともできる。

『白猫TCG』は、第2弾、 第3弾と商品を展開していくほか、全国のカードショップなどで公認大会も順次スタート。さらに6月17日(土)と7月23日(日)には、それぞれ東京・大阪にて交流イベントも開催予定。

商品情報
白猫プロジェクト トレーディングカードゲーム
 

スターター『月と太陽のディスティニー』 

■発売元:コロプラ
■発売日:2017年5月25日(木)
■価格:1,500円(税抜)
■仕様:構築済み50枚デッキ1個入り
スターターメインデッキ40枚+タウンデッキ10枚
(うち26枚がスターター専用:イラスト違いも含む)
■内容物:
・構築済50枚デッキ1個
・プレイシート:1枚
(裏面はクイックルールマニュアル)
・カウンタートークン
(ダメージカウンター/状態異常マーカー)

ブースターパック第1弾『冒険への旅立ち』 
 
■発売元:コロプラ
■発売日:2017年5月25日(木)
■価格:300円(税抜)
■仕様:1パック8枚入りブースター
■カード種類数全120種類

 

イベント情報
白猫TCG公式イベント“熱血バロン道場”

ユーザー様同士で交流できる初の公式イベントを、東京と大阪にて開催。『白猫プロジェクト』の声優陣をはじめとするゲストも出演予定。初心者向けの体験会なども実施される。 
<関東の陣>
■開催日:2017年6月17日(土)
■開催場所:TOC五反田メッセ
<関西の陣>
■開催日:2017年7月23日(日)
■開催場所:マイドームおおさか
シェア / 保存先を選択