『IWGP』ミュージカル化目指すワークショップ、歌詞は柴幸男

ニュース
2015.9.12

『「池袋ウエストゲートパーク」ソング&ダンス ワークショップ』が参加者を募集している。

『「池袋ウエストゲートパーク」ソング&ダンス ワークショップ』は、宮藤官九郎の脚本によるドラマ版でも知られる石田衣良の小説『池袋ウエストゲートパーク』をフルサイズのミュージカルとして上演することを目指すワークショップの第2弾。初開催となった2014年に続いて行われる今回は、「歌」と「ダンス」にフォーカスする。

演出は昨年に引き続き、KUNIO主宰の杉原邦生が担当。振付もBaobab主宰の北尾亘が続投するほか、劇中歌の歌詞をままごとの柴幸男が手掛ける。ワークショップは11月から開催され、11月27日に東京・池袋の東京芸術劇場シンフォニースペースで発表会が行われる予定だ。

ワークショップの参加者募集は9月13日まで郵送にて受付中。当日消印も有効となる。募集要項の詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。
 

ワークショップ情報

『「池袋ウエストゲートパーク」ソング&ダンス ワークショップ』

作・演出:杉原邦生(KUNIO)
振付:北尾亘(Baobab)
歌詞:柴幸男(ままごと)

ワークショップ
2015年11月11日(水)~11月26日(木)
会場:東京都 茅場町 水天宮ピット(予定)

ワークショップ発表会
2015年11月27日(金)
会場:東京都 池袋 東京芸術劇場 シンフォニースペース(予定)

東京芸術劇場https://www.geigeki.jp/performance/event113/

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択