アナーキーの元ギタリスト、マリが死去

ニュース
2017.6.7

アナーキーの元ギタリストであるマリ(逸見泰成)が6月4日に死去したことが、東京・高円寺のショップ「FUUDOBRAIN」のオフィシャルブログで発表された。57歳だった。

死因などについては明らかにされておらず、通夜は11日、葬儀・告別式は12日に東京・戸田葬祭場にて執り行なわれる。

アナーキーは1978年に結成。1979年にヤマハ主催のアマチュア音楽コンテスト『EastWest』にて優秀バンド賞を獲得し、80年にシングル「ノット・サティスファイド」、アルバム『アナーキー』でメジャーデビュー。"国鉄服に逆立てた髪"という出で立ちと、エネルギッシュ&パンキッシュなナンバーでシーンを席巻した。

今年7月2日に東京・新木場STUDIO COASTで開催されるFUUDOBRAINのオープン20周年ライブイベント『FUUDOBRAIN MUST DIE』において、GASTUNKとも復活が発表されたばかりだった。

シェア / 保存先を選択